dog cover_e0


 親の気を引こうとして、仮病を使ったり余計な駄々をこねたりする人間の子供がいるが、どうやら犬にもその傾向があるようだ。

 劣悪な環境で育ったところを救出され、暖かい家庭に引き取られた一匹のヨークシャー・テリアは、現在は家族のみんなに惜しまない愛情を注がれ、たっぷりと甘やかされている。

しかし、家族が飼っているもう一匹の犬には、どうにも時々ジェラシーを感じてしまうのだ。

 そこで、ちょっぴりやきもち焼きな犬は、もっと家族の気を自分に引こうと賢明なアイデアを思いついた。

―あわせて読みたい―

コーヒーカップにすっぽり入る。世界最小クラスの子犬、ベル。(イギリス)
そっちじゃないでしょ!こっちでしょ!飼い主がもう一匹の犬を撫でるとすかさず制御する犬
こうてもろた。ぬいぐるみを買ってもらって大喜びの犬。自分より大きいぬいぐるみを車まで持ち運ぶ
カラスが女性にやさしくモフられている。その裏で激しくジェラシーを燃やす動物の姿が...
パソコンで猫画像を見ていた時の犬の反応

救助されて幸せに暮らすチューウィー

 ヨークシャー・テリアチューウィーは、生まれた時から子犬工場でケージに閉じ込められて6年間過ごしてきた。

 救助された後は今の家族の元へ引き取られ、とても可愛がられて暮らしている。


 しかし、過去の経験がトラウマになっていたのだろう。当初、小さなチューウィーは全てに対して怯えていたそうだ。

 チューウィーにもっと自信を持ってもらおうと、惜しみない愛情を注ぎ、労わり、大切にしてきたおかげで、今チューウィーはとても勇敢な犬になった。

 と、同時にちょっとした悪知恵も働かせるようになったのだ。

かまってほしくて怪我したフリ

 チューウィーを飼っている家族のひとりであるリッキー・ペレズさんによると、チューウィーは、どうやら家族が飼っているウィラというもう一匹のヨークシャー・テリアに時々ジェラシーを感じるのだそうだ。


 リッキーさんの祖母は、チューウィーよりも少し小柄なウィラをよく抱っこするという。しかし、それを見たチューウィーは自分だけをかまってほしいと言わんばかりに、ある行動に出た。


祖母がウィラを抱っこしていたら、チューウィーが脚を引きずり始めたんです。怪我をしたふりして、前脚をちょっとあげて歩いて、周りの気を引こうとするのがミエミエで。

でも、祖母がウィラを置いてチューウィーを抱っこすると、チューウィーは満足そうにしています。(リッキーさん)

怪我したフリが健気でいじらしく、キュート

 リッキーさんいわく、チューウィーはウィラがその場を去るとピタリと脚を引きずるのをやめ、完全に元通りの元気いっぱいな姿になるそうだ。

 周りから見て、チューウィーが怪我をしたフリをしているのは明らかだが、その理由が家族の気をより一層引きたいがためのものということもじゅうぶんわかっているために、家族にとっては健気でいじらしいチューウィーがやっぱり可愛いのだ。


明らかにフリなのですが、家の中をぐるぐる回って一生懸命「かまってほしい」アピールをしてくるので、こちらも思わず抱き上げて、「本当に大丈夫か」と確認せずにはいられないのです。(リッキーさん)

 チューウィーは、生まれた時から劣悪な環境に置かれていた。ハードスタートを切ったチューウィーだからこそ、今の幸せな家庭ではめいっぱい甘えたいのだろう。

 「大袈裟であっても、多少は大目に見てあげなければ」とチューウィーに優しく接する家族もまた、素敵な人たちであることは間違いないようだ。

 キュートチューウィーの姿は、インスタグラムアカウントsnacktimechewie』でもたっぷりと閲覧できる。

written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52283675.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

お父さんが好きすぎる子猫。お父さんを追って屋根の上まで上がってスリスリ
その辺ちょっと転がしてきていい?キックボード練習中の柴犬、さて初の路上はどうなった?
嵐の日にやってきた野良猫を保護し「猫弁護士」として雇用した弁護士協会(ブラジル)
どんなに高くしても軽々とペットフェンスを飛び越えてしまう犬に対して飼い主がとった最終兵器。効いてる効いてる!
いやん、どうして離れていくの?トテトテと手の平を追いかけて寄り添ってくるインコが可愛すぎる

―知るの紹介記事―

幼少期に親に嘘をつかれて育った子供は、大人になると社会的適応が困難になる可能性(国際共同研究)
太陽系の最果てに予測されていなかった圧力が存在することが明らかに(NASA、惑星探査機ボイジャー)
なお、この車両は自動的に爆発します。イラン軍が自爆装置を搭載した無人ロボット兵器を公開
嵐の日にやってきた野良猫を保護し「猫弁護士」として雇用した弁護士協会(ブラジル)
医師もびっくりの珍症例。息子スティックに4年間もピンセットを突っ込んだままだった男性(サウジアラビア)
なるほどこうすればかまってくれるのか。怪我したフリして家族の注意を引こうとする犬が、なんとも健気でいじらしい件