ターコイズブルーの衣装でパキスタンの空港に降り立ったキャサリン妃が、翌日も伝統的な衣装で登場。目の覚めるようなロイヤルブルーのサルワール・カミーズがお似合いと絶賛されたが、この日は2度の衣装替えと、ウィリアム王子とのカラーコーデが話題を呼んだ。

【写真を見る】素敵な夫婦と絶賛!お揃いグリーンコーデを披露したウィリアム王子ご夫妻

このロイヤルブルーの装いはパキスタンデザイナー、マヒーン・カンによるもので、訪問先のイスラマバードにある女子校の子供たちの制服と同じ色合いでコーデしており、さすがキャサリン妃。イヤリングパキスタンに到着した際につけていたものと同じパキスタン発のブランド、ゼーンのもので、2016年インドを外遊した際に履いていたイギリス発のブランドラッセルアンドブロムリーのベージュのフラットパンプスを履き回した。

その後、首都イスラマバードにある首相府でイムランカーン首相と対面した際には、黄緑色のイギリス発のキャサリンウォーカートップスに、パキスタン発のBonanza Satrangiのプチプラスカーフを肩掛けし、マヒーン・カンの白いパンツイギリス発のエミーロンドングリーンのスウェードのパンプスとお揃いのクラッチバッグは使い回しとメリハリコーデを披露。また、サイドアップにまとめたヘアスタイルの耳元に光るイヤリングは、今回も衣装とカラーコーデしたゼーンのものと、プチプラにこだわったようだ。

しかしその後は、華やかムードに一変。イブニングレセプションに出席するために庶民の乗り物であるトゥクトゥクに乗って到着したキャサリン妃は、イギリス発のジェニー・パッカムのスパークリングがちりばめられた華やかでゴージャスなドレスに、同素材のスカーフを肩掛け。イギリスブランドのO’NITAAのゴールドの大きなイヤリングに、イギリス発であるジミー・チュウのシルバーサンダルという装いで、あくまで愛国心と訪問地に敬意を表した衣装を徹底したようだ。

また常にスーツだったウィリアム王子は、今回はシャルワニと言われる民族衣装を着用。レアなグリーンキャサリン妃とばっちりコーデし、「素敵なカップル」として絶賛されている。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)

キャサリン妃がウィリアム王子とカラーコーデ