テレビアニメ虚構推理」に福圓美里浜田賢二上坂すみれの出演が決定した。

同作は、幼い頃に神隠しにあい、片眼、片脚と引き換えに、怪異や妖怪たちの知恵の神となった岩永琴子と、妖怪“件(くだん)”と“人魚”の肉を食べて「未来をつかむ力」と「不死の身体」を手に入れた桜川九郎が、ともにミステリアスな事件に挑んでいく姿を描く。原作は、城平京氏による小説のコミカライズで、最新第11巻が10月17日に発売された。

福圓は、かつて九郎と付き合っていたが、とある事件をきっかけに別れた美人巡査の弓原紗季役、浜田は紗季の同僚で巡査部長の寺田刑事役、上坂は死体として発見されることになるアイドルの七瀬かりん役を担当する。各キャラクターと、都市伝説として噂になっている、かりんの亡霊“鋼人七瀬”のビジュアルも公開された。

福圓は「私の演じる紗季は、年齢よりもアンニュイな表情が似合う警察官で九郎くんの元カノ。普通の代表なので、しっかり怪異に驚いていきたいと思います!」と意気込みを語った。浜田は「『虚構推理』というタイトルの意味を知りたいなら原作小説、あるいはコミックを読んでいただければわかるとは思いますが、せっかくアニメを放送しますので、こちらから観ていただくのもどうでしょうか。私が演じますマジメで屈強で純な刑事・寺田と共に、真倉坂市で起きている怪異『鋼人七瀬』の真相に迫っていきましょう!」、上坂は「かりんはその死によって物語のカギを握ることとなった、アイドル女の子です。鋼人七瀬に見え隠れする彼女の謎を、ぜひ琴子たちと解き明かしてあげてくださいね!」と視聴者に呼びかけている。

「嘘とカメレオン」が歌うオープニング主題歌「モノノケ・イン・ザ・フィクション」が流れる第2弾プロモーションビデオも公開。九郎と琴子の前に現れる怪異たちの姿や、九郎に一目ぼれした琴子が結婚を前提に交際を申し込むシーンなどが収録されている。

テレビ朝日MBSBS日テレ2019年1月から放送開始。dアニメストアほかでの配信も行われる。

(C)城平京・片瀬茶柴・講談社/虚構推理製作委員会