機動戦士ガンダム」のモビルスーツ(MS)を組み立てて操作することで、ロボティクスの基礎やプログラミングの概念を「遊びながら学ぶ」ことができるSTEM(Science、Technology、Engineering、Mathematics)学習教材「ZEONIC TECHNICS Robotics and Programming Course I」の予約販売がスタートしている。

本商品は、「機動戦士ガンダム」に登場するMS「ザク」を組み立て、専用アプリによるリモートコントロールプログラミング設定によって動かすことができるロボット教材。「機動戦士ガンダムシリーズに登場するジオニック社が、MS開発技術者のために設けた技術者育成プログラムという設定の商品で、作品世界の一員になりきって“メカニックの卵”として学習することができる。

組み立て工程は、頭部、腕部、胴体、脚部の4段階に分かれており、頭部はモノアイが可動&点灯、胴体は対物(距離)センサー内臓、腕部は左右肩・肘・腕が可動、脚部は股関節・膝・足首が可動し、二足歩行が可能。研修(組み立て)が終了すると、ジオニック社の証明書が発行される。

本体サイズは約30センチで、価格は9万8890円(税込み)。バンダイ公式通販・ショッピングサイトプレミアムバンダイ」(https://p-bandai.jp/item/item-1000136116/)で予約を受け付けており(準備数に達し次第、第1期生の受講は終了)、2020年3月に発売予定。

「ガンダム」の世界にひたりながらロボット&プログラミング学習!