000

 北太平洋のにあるアメリカの環礁、ウェーク島に環境プロジェクトボランティアで訪れていた男性が、海岸沿いでゴミ拾いをしていた時にそれに遭遇した。

 人形の頭がトコトコと歩いているのだ。

 シュール不気味な光景だが、それには悲しい事情があったようだ。

―あわせて読みたい―

透けて見えるぜ!透明ガラスの宿を手に入れたヤドカリ
略奪こそ正義。他人の家を乗っ取ることで生き残ってきた陸ヤドカリ(米研究)
ヤドカリの家探しの悲喜こもごもを描いたショートフィルム「ホームレス」
地球上で最も汚染されていると言われている無人の孤島「ヘンダーソン島」(世界遺産)
大きな息子スティックを持つヤドカリほど、上等な貝殻を身につけている。その理由とは?(米研究)


Hermit Crab Uses Plastic Doll's Head as Shell

 その人形の頭を動かしていたのはヤドカリである。

no title

 ヤドカリの世界では常に住宅難だ。最適な貝殻を探すのは至難の業。ウェーク島には様々な国から多くのゴミが流れつく。

 このヤドカリは流れ着いた人形の頭を家としたようだ。

2

 貝殻の代わりに人形の頭が家になってしまうほど、この島の海岸はゴミで覆われているという。海岸でゴミ拾いをしていたジョセフ・クロンクさんは、プラスチック汚染がヤドカリの世界にまで浸透していることに胸を痛めたという。

 その場しのぎでヤドカリから人形の頭を取り外すことはできるが、体を傷つけてしまうかもしれないし、代わりの最適な貝殻が見つからないとヤドカリは死んでしまう。

 ジョセフさんは他にも、ウェーク島の海岸で、フィルムケース空き缶を家にしているヤドカリを多く見かけたという。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52276032.html
 

こちらもオススメ!

―動画の紹介記事―

ネトフリ大好き柴犬?ポップコーンを食べながら人間さながら椅子に座って映画鑑賞
720種の性別があり、脳もないのに学習能力を持つ。自己修復可能な脅威の生命体の姿が明らかに(フランス)
お父さんはがんばった。娘のために人間UFOキャッチャーマシーンを自作。クレーンには愛娘が!(アメリカ)
お父さんが好きすぎる子猫。お父さんを追って屋根の上まで上がってスリスリ
その辺ちょっと転がしてきていい?キックボード練習中の柴犬、さて初の路上はどうなった?

―水中生物についての記事―

深海に開く水中花火かな。クルクルと螺旋を描く優美なサンゴの映像
グッピーが教えてくれた生物が進化する理由(米研究)
深海の生物ってやっぱりすごい!ヒラヒラと舞うその姿はまさに異星クリーチャーなタコが撮影される(アメリカ)
南極の氷床3500メートルで未知なる生物を発見。半透明のプニプニしたこの生き物はいったい何!?
目玉の大きさがすごい!巨大な目を持つエイリアンのような深海魚が釣り上げられる(ノルウェー)
海岸で人形の首がゆっくりと動いていく。そこには悲しい事情があった(アメリカ・ウェーク島)