no title

 魚が猫化した、とでもいうのだろうか?水族館の水槽の清掃をしていた男性に1匹の魚が近づいてきた。男性の膝までくると、なにかを催促している。

 男性はすぐに察したようで、いとおしそうにその魚をなでてやる。この魚、なでてもらうのが目的で近づいてきたようなのだ。

―あわせて読みたい―

このなつきっぷりは!?ダイバー女性の唯一無二の親友となったのは巨大ウツボ
かわいいじゃないか!魚の猫化進む。毎日なでなでを要求する魚、水槽に手を突っ込んでそれに応える飼い主
海底神社の主、コブダイの頼子さん。25年来のダーリン(人間)にスリスリちゅっちゅ(千葉県館山湾)
異種愛炸裂。巨大ウツボをまさかのムツゴロウ撫でするダイバーの相思相愛物語
トラフザメだって甘えたい。水槽のガラスを掃除していたダイバーにモフを要求し、撫でられて幸せそうなトラフザメ


When you're sorting the tank filters and a big boye wants cuddles

 水槽清掃をする男性の姿を確認した魚は、
 後方から一直線に男性のそばに泳いでやってきた。
4

 男性はまず後頭部あたりをなでてやる。
5

 そして次は喉元あたりをまたなでなで。頭とか喉元とか、この男性は自宅で猫を飼っているのだろうか?猫が喜ぶ部位をなでてあげている。

6

 魚もとってもうれしそう。なで方は間違っていないようだ。
 もしかしたら魚が猫化しているのかもしれない。
 前世が猫だったのかもしれない。

7

 なんだか魚か猫に見えてきてしまったけどもこれは水槽の中での出来事だ。魚はその体を男性にあずけ、足元にぴっとりとくっついている。

8

 その仕草もまんま猫じゃないかい!

 魚の種類はちょっとよくわからないけれど、魚類の中には賢くて人懐っこいタイプも存在するようなので、もし人間が水中で暮らせるような時代になったら、魚と濃厚な関係を築くことができるのかもしれない。

追記(2019/10/20):コメント欄によるとこの魚はクエで、大阪府大阪市港区にある海遊館での一コマだそうだ。

 クエは男性に寄生虫落としてもらってるようで、中でもこの子とほかの種類の魚3匹くらいはこの男性に寄生虫取ってもらうのが好きなんだそうだ。

 海遊館では1日3回、水槽清掃員が潜って掃除やら寄生虫やらとってるそうで、その姿を実際に見るチャンスがあるという。

 ついでにあのぽちゃっとかわいいワモンアザラシぬいぐるみゲットできるチャンスもあるな。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52283686.html
 

こちらもオススメ!

―動画の紹介記事―

海岸で人形の首がゆっくりと動いていく。そこには悲しい事情があった(アメリカ・ウェーク島)
ネトフリ大好き柴犬?ポップコーンを食べながら人間さながら椅子に座って映画鑑賞
720種の性別があり、脳もないのに学習能力を持つ。自己修復可能な脅威の生命体の姿が明らかに(フランス)
お父さんはがんばった。娘のために人間UFOキャッチャーマシーンを自作。クレーンには愛娘が!(アメリカ)
お父さんが好きすぎる子猫。お父さんを追って屋根の上まで上がってスリスリ

―水中生物についての記事―

海岸で人形の首がゆっくりと動いていく。そこには悲しい事情があった(アメリカ・ウェーク島)
深海に開く水中花火かな。クルクルと螺旋を描く優美なサンゴの映像
グッピーが教えてくれた生物が進化する理由(米研究)
深海の生物ってやっぱりすごい!ヒラヒラと舞うその姿はまさに異星クリーチャーなタコが撮影される(アメリカ)
南極の氷床3500メートルで未知なる生物を発見。半透明のプニプニしたこの生き物はいったい何!?
魚だってなでられたい。水槽清掃員にピタっと寄り添いなでてもらうのを待っている猫みたいな魚