0_e

 オーストラリアならではの珍事が勃発したようだ。南オーストラリア州アデレードに住むヘンリーさんは、散歩にでかけるため飼い犬トニーを裏庭に出した。

 トニーが裏庭にでるやいなや、トニーの背中めがけてとびかかってきたのは赤ちゃんコアラ。あまりに突然の出来事にトニーヘンリーさんもびっくり!

―あわせて読みたい―

コアラが濡れると? とてつもなくホラーとなる
街を闊歩していたコアラ。少年にカメラを向けられ立ち止まり「こうですか?」のポーズ(オーストラリア)
アフレコ求む。なんとか話し合いで決着をつけようとしているコアラたちの様子
「キィィィイ!」お気に入りの木から引きずり降ろされたコアラの激おこ!
美人のお姉さんに撫でられるのが至福の喜びなコアラの場合


Baby Koala Mistakes Doggy for its Mother

 何が起きたのか状況がつかめぬまま、呆然とするトニー。背中の違和感を解除しようと動きまわるも、ぎゅっとしがみついている赤ちゃんコアラはそう簡単に離してはくれない。

11_e0

 ちょっとこれ、どうしたらいいの?
 飼い主に救いを求めるトニー

1

 赤ちゃんコアラは完全にトニーを母親認定してしまったかのようだ。トニーはしがみつかれた状態でも乱暴にふるまうことなく動いたり、体をクルクル回転させたりして、なんとかコアラをひきはなそうとする。

10_e1

 動画はここで終わっているが、この後、赤ちゃんコアラの分離に成功。コアラは林の中に帰っていったそうだ。

 昨年もオーストラリアでは同様の出来事が起こっている。ベランダでくつろいでいたゴールデンレトリバーの背中にいつのまにか赤ちゃんコアラが張り付いていたそうで、しまいには犬とコアラほのかな友情が芽生えるまでいっちゃったそうだ。

 コアラ赤ちゃんがなぜ犬をロックオンしてしまうのかはわからない。母親と間違っているのかどうかもわからないが、寛容でやさしい犬につい甘えてしまいたくなっちゃうのかな?

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52283618.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

犬が来た!しぽっとガラス瓶に隠れる子猫
足の大モフ感!カナダオオヤマネコの魅力にズームイン
ネトフリ大好き柴犬?ポップコーンを食べながら人間さながら椅子に座って映画鑑賞
720種の性別があり、脳もないのに学習能力を持つ。自己修復可能な脅威の生命体の姿が明らかに(フランス)
なるほどこうすればかまってくれるのか。怪我したフリして家族の注意を引こうとする犬が、なんとも健気でいじらしい件

―動画の紹介記事―

犬が来た!しぽっとガラス瓶に隠れる子猫
魚だってなでられたい。水槽清掃員にピタっと寄り添いなでてもらうのを待っている猫みたいな魚
海岸で人形の首がゆっくりと動いていく。そこには悲しい事情があった(アメリカ・ウェーク島)
ネトフリ大好き柴犬?ポップコーンを食べながら人間さながら椅子に座って映画鑑賞
720種の性別があり、脳もないのに学習能力を持つ。自己修復可能な脅威の生命体の姿が明らかに(フランス)
コアラに母親認定された犬、ぴっとり背中にくっつかれて合体解除してもらえない(オーストラリア)