太田光

20日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、太田光いじめについて独自の見解を示し、物議を醸している。

■太田光が持論

番組では兵庫県神戸市小学校で、複数の教諭が1人をターゲットに陰湿ないじめを行っていたことを取り上げる。それについて主犯格の女性教諭が「かわいがっていた」と弁明している様子を紹介した。

これについて藤田ニコルテリー伊藤が不快感を見せるなか、太田光は「意外と本音なんじゃないか。遊びという認識を持っていたのでは」と指摘。出演者から「イジリということですか?」と聞かれると

「イジリというか、いじめとイジリも何も一緒なんだよね。お笑いいじめも同じなんですよ実は。だけど、それを面白いと思うかどうか。相手がされてるほうが楽しんでるかどうかによって違うだけで、本質的には変わんないですから」

と指摘する。

関連記事:加藤浩次、いじめ被害者の苦悩に持論 熱い思いに共感の声が相次ぐ

■「いじめは楽しい」

さらに太田光は「楽しいんですよ、いじめって。それを自覚できるかどうか」と持論を展開。そのうえで、「逃げ回ってた人が、本当に苦しいのに楽しいふりをしていたということに気づけなかったっていうところが(ダメだと思う)」と話す。

西川史子は教師が「いじめが楽しい」という考えを学校に持ち込むのは不適切と話すが、太田は

「人間の本質的な部分だから。人が痛がったり、ズッコケたりするのは面白いって部分があるわけで、それをいじめじゃありませんって言う人は、自分の中にその意識がありませんって言ってる人だと思う」

と持論を展開。そして「指導者だからこそ、嫌だと思っていることに気が付かなければダメ」と指摘する。相方の田中裕二は「ダメだと。あれを肯定しているわけではない」と強調した。

■加害者批判に警鐘

そして世間が加害者批判に向かっていることについて、

「さらに言うと、今度は加害者教師って言ってるでしょ。今度あっち側にいじめが移行してくと思う。正義だと思って言ってる人が、気がつくと今度いじめられる側になるんですよ。

その繰り返しが延々続いてるから、自分もいじめることが楽しい自分がいるって、みんな意識しないと」

と話す。田中は「自覚したうえで、相手の様子を見て」と結論づけた。

■反応は賛否両論

太田光は「人間は誰しもが心のなかに他人をいじめることを楽しいと思う気持ちを持っている」と持論を展開したが、反応は真っ二つ。

「確かにそうだと思う」「誰しもがいじめっ子になる要素は持っている」という声もあったが、「いじめが楽しいなんて思わない」「人が痛がるところなんか面白いわけがない」という反論もあり、まさに賛否両論となっている。

■「おかしな教師」は多い?

太田の持論は賛否両論だが、いじめをしていた教諭が教育者として相応しくない人物ということは彼も認めている。神戸のような一般常識を著しく欠いた教師がほかにもいる可能性があることは否定できない。

しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,477名に学生時代の教師について聞いた調査ではじつに48.8%が「おかしいと思う教師がいた」と回答している。

教諭が教諭をいじめるという行為は異常だが、一部からは「ほかの学校でもあるのでは」という声が上がっている状況。各学校が対岸の火事ではなく、教育者全体の問題として襟を正すとともに、そのような事案が発生していないか調査してもらいたい。

・合わせて読みたい→教師・親から見えないところで… いじめられた子供の母の苦慮

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年5月18日2018年5月21日
対象:全国20代~60代の男女1,477名 (有効回答数)

太田光、「いじめは楽しい」との発言に賛否 「お笑いと一緒」と持論も