爆笑問題太田光が、10月20日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)にて、兵庫・神戸市立東須磨小で起きた「激辛カレー 教諭いじめ問題」の話題に言及。大人のいじめについて持論を展開した。

【写真を見る】西川史子が太田光の意見に反論

教師による教師いじめの主犯と言われている4教諭の中でも、“女帝”と呼ばれる40代女性教諭の謝罪文で「自分の行動が間違っていることに気づかず、彼(被害者教諭)が苦しんでいる姿を見ることは、かわいがっていたがゆえに本当に辛いです」と、いじめの認識はなくその行為については「かわいがっていた」と言ったことについて、太田が「かわいがっていたっていうのは、俺は意外と本音なんじゃないかなって」とコメント

続けて「要するにそれがいじめではくて、遊びだって認識(でやっていたのでは?)いじめといじりも何も一緒なんだよね。だからお笑いいじめは違うって言うけど、同じなんですよ実は。だけどそれを面白いと思うかどうか。

相手が、(いじめやいじりを)されてる方が楽しんでるかどうかによって違うだけで、本質的には変わんないですから。それを自覚できるかどうかじゃないですか」と持論を。

それに対し、テリー伊藤は「女教師の中に心の闇があると思う」と言うと、太田が「例えばテリーさんが、爆破モノとかね、散々やるじゃないですか。あれって楽しいじゃないですか。見ててね。それが学校でやってもやっぱり楽しいんですよ。あの逃げ回ってた人(被害者教諭)が、本当に苦しいのに楽しいふりをしていたって言うことに、気付けなかったって言うところだと思う」と説明。

■ 西川「やっぱり学校として違うと思う」

これに、西川史子が「学校にそれが楽しいと思う考えを持ち込むのは、やっぱり学校として違うと思う」と反論すると、太田は「だってそれは人間の本質的なもんだから。人がズッコケたり痛がったりするのって、やっぱり面白いって思っちゃう部分があるわけで。それを、いじめがありませんって言ってる人は、自分の中にその(いじめだと言う)意識がありませんって言ってる人だと思う」と語る。

また、杉村太蔵から「太田さんはどこで(いじめといじりの)歯止めかけてるんですか? 基準はないんですか?」と聞かれると、太田は「歯止めかけてないですよ僕は。基準は客が引いた時。だからそれは結構(大事なこと)。(事件現場には)客がいないからなんですよ」と、教師いじめ問題の事件現場は当事者だけがおり、その異様な状況を客観的に見て引いている雰囲気を出せる第三者の目がなかったからエスカレートしていったのではないかと推察していた。

次回の「サンデー・ジャポン」は10月27日(日)放送予定。(ザテレビジョン

爆笑問題・太田光