米Alphabet傘下でGoogle系列のドローン企業Wing10月18日(現地時間)、商用ドローン配送サービスを米バージニア州の町、クリスチャンズバーグで開始したと発表した。米国初の商用ドローンサービスになると謳う。

【その他の画像】

 Wingは4月、米運輸省連邦航空局(FAA)からAir Carrier Certification(航空運送業者としての認可)を取得した。このライセンスでは、複数のパイロットリモートコントロールする操縦者)が複数のドローンを使って一般顧客向けに商業配送を行うことを許可するものだ。

 Wingクリスチャンバーグで、輸送サービスのFedEx Express、薬局チェーン大手Walgreens、地元の小売業者Sugar Magnoliaの荷物をドローンで配送する。ユーザーは、FedExの定期配送をドローンで受け取る選択が可能で、WalgreensとSugar Magnoliaの荷物は、ユーザーが注文してから数分後に配達されるという。

 ドローンは配達した荷物を顧客の家の庭あるいは私道の指定した場所にワイヤーで降ろし、戻っていく。

 クリスチャンズバーグとその周辺在住の人は、専用ページから利用を申し込める。

 Wingは、オーストラリアのキャンベルとフィンランドのヴオサーリで、既にサービスを提供している。

米国では初というWingのドローン配送サービス