100年に一度の再開発が進む渋谷から「MADE IN SHIBUYA」を世界に発信! 
日時:2019年10月20日(日)13:30~14:10
会場:渋谷 文化村通り(東京都渋谷区道玄坂2丁目)※交通規制エリア


渋谷ファッションウイーク実行委員会(実行委員長:渋谷道玄坂商店街振興組合理事長 大西賢治)は、ファッションを通じて自分スタイルを具現できる街、渋谷の魅力をお伝えする共同キャンペーン「第12回 渋谷ファッションウイーク」を2019年10月10日(木)~20日(日)の期間中、渋谷駅周辺各商業施設を会場に開催しました。令和初の開催となった今回は、10月4日(金)から公開中の映画『蜜蜂と遠雷』とコラボレーションし、主演女優である松岡茉優さんをアンバサダーに迎え、最終日の10月20日(日)渋谷 文化村通りにて、路上ファッションショー「SHIBUYA RUNWAY」を実施しました。

渋谷ファッションウイークは、渋谷という街を世界に開かれた観光拠点にしていく“国際文化観光都市・渋谷”構想のもと、2014年3月に初開催しました。12回目を迎える今回は、100年に一度と言われる再開発が進む渋谷を象徴する新施設「渋谷スクランブルスクエア」、さらに今年新しく生まれ変わる「東急プラザ渋谷」も参加。全14施設が一体となり、「MADE IN SHIBUYA」のテーマのもと、各施設の特色を生かしたプロモーションを展開。過去11回の開催に渡る、商業施設との連携にとどまらず、学生や若手アーティストを幅広く受け入れ、“若手デザイナー登竜門”としての認知を獲得するなど、渋谷から新たなファッションカルチャーを発信してきました。

本日行われたファッションショー「SHIBUYA RUNWAY」内の「SHIBUYA FIRST STEP」では、新進気鋭の若手ファッションデザイナーである姉崎真琴氏、中野由佳氏がウィメンズブランド「ADDICT NOIR」のランウェイショーを披露。最新のコレクション20ルックを発表しました。その後、「渋谷スタイル」では、キャンペーンに参加している各大型商業施設が渋谷ならではの“リアルクローズ”を披露するという、二部構成のショーを実施。さらに、アンバサダーの松岡茉優さんが、主演映画『蜜蜂と遠雷』内で演じる“栄伝亜夜”のピアノコンクール本選楽曲「プロコフィエフピアノ協奏曲第3番 ハ長調 Op.26 第1楽章」が奏でられる中、「MADE IN SHIBUYA」をテーマにしたファッションで登場。ファッションと映画(音楽)”という、渋谷ならではのミックスカルチャーを発信した松岡さんが「渋谷スタイル」のモデルと一緒にフィナーレを迎えると、会場からは大きな拍手が沸き起こりました。

ショー終了後、今回のイベントを開催した感想を聞かれた大西実行委員長は、「今年は今までにない生の演奏とともに、渋谷らしい旬の女優さんに来ていただいて、渋谷のファッションの懐が広がるなと思いました。この秋、渋谷の街が変わっていくタイミングで、いいイベントになりうれしく思います。」とコメント。また、渋谷をイメージした衣装でランウェイを歩いたアンバサダーの松岡茉優さんは「今回は色々な素材を使ったジャケットと、パンツの上にチュースカートを重ねています。渋谷らしいものを自分なりに考えて、好きな服を自分の好きなタイミングで着るという“渋谷の自由っぽさ”を表現しました。」、ナビゲーターの干場義雅さんは「毎年、『SHIBUYA RUNWAY』を見てきていますが、今年はトレンドがミックスされていて、多様性を感じられるランウェイでした。」とそれぞれ語り、「第12回 渋谷ファッションウイーク」を締めくくりました。
渋谷ファッションウイーク 公式サイト http://www.shibuya-fw.com/

配信元企業:渋谷ファッションウイーク実行委員会

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ