「とろけてしまうような牛乳肌」とネットで大きな話題を集めたソ・リナが注目されている。

【画像あり】ソ・リナの「とろけてしまうような牛乳肌」はこちら

ソ・リナは2016年の映画『母のいない空の下』(ハン・ミョング監督)でデビューし、モデル兼映画女優として活動している。2018年9月に韓国で公開された映画『ディープ』(チョ・ソンギュ監督)では、主演を務めた。

170cm、49kgの美ボディの持ち主で、第3回ISMCマッスルボディ・コリアインターナショナルワードの女性部門1位に輝くなど、“マッスル美女”としても有名だ。

韓国の美ボディコンテスト「キム・ジュンクラシック」でもグランプリを獲得しており、彼女の美ボディはたびたび話題になる。

また変わったところでいえば、ドローンの愛好家で「いつか“ドローン女神”と呼ばれたい」などと明かしたことも。インスタグラムのフォロワー数は22万人に上る。

そんなソ・リナは最近、インスタグラムに写真を公開した。

公開された写真でソ・リナは、そのスタイルがはっきりとわかるぴったりとした服を着ている。特に鍛え上げられた腹筋には注目が集まった。

相も変わらない美ボディを見せつけたソ・リナ。今後、さらなる活躍を期待したい。


(写真=ソ・リナInstagram


(文=S-KOREA編集部)