2019年9月、2020年春夏パリコレクションが開幕した。パリコレ初日に登場した日本ブランドが鮮烈な印象を残す。今回初めて公式スケジュールで参加した「マメ」である。マメはデザイナーの黒河内真衣子が2010年に創業したブランドであり、日本国内ではモードファッションを好む女性たちの間で、早くから人気と注目を集めてきたレディーブランドだ。

 マメには緻密で高度な刺繍、着物を連想する直線的シルエットといった「和」を思わすテイストがある。同時に、まるで外国人デザイナーが日本をテーマにしてデザインしたような客観性もある。今秋、マメが持つ特異な才能はさらなる進化を示した。

 19世紀のパリ、その後印象派と呼ばれる芸術家のモネやゴッホは、日本の浮世絵モチーフに新しい西洋の美を作り上げた。マメのデザインは、印象派の芸術家たちのアプローチに例えられる。ただし、パリの地で、西洋人ではなく日本人自らが日本の伝統をモチーフに新しい西洋の美を作り上げ、これまでのパリにも日本にも見られない新しいファッションパリコレに提示したがゆえのインパクトだった。

 私は服飾専門学校で服作りを勉強し、アパレル企業でレディーデザイナーとしてファッション業界で経験を積んできた。現在は2016年からスタートさせた「ファッションを読む」をコンセプトに、ファッションデザインの言語化を試みる「AFFECTUS(アフェクトゥス)」という活動を行なっている。

 その経験から得た視線で、マメのインパクトを読み解いていきたい。

パンツスーツは男性のもの」を変えた人

 そもそも、デザイナーたちはなぜパリコレに参加するのか。パリコレから生まれたファッションは世界に拡散し、人々の服装を変え、時にはその服装が社会を変えてきた。その歴史がデザイナーたちの創造性を刺激し、パリコレへと導く。

 たとえば、今では女性がパンツスーツを着ることは特別なことではないが、かつて女性がパンツスーツを着ることは異端だった。その常識を変えたのは女性の服装を革新し続けたフランスデザイナー、イヴ・サンローランである。

 1966年、サンローランは「スモーキング」と言われる女性用パンツスーツを発表する。スモーキングは男性のタキシードスーツを、女性のために再構築した黒いスーツだった。

 サンローランは、男性の象徴的服装のタキシードスーツを女性が着用する服にデザインし、最新ファッションが問われるパリコレにて発表することで、カッコよさは男性だけを形容する言葉ではなく、女性にも「カッコいい」という魅力があることを明らかにする。スモーキングは男女間に横たわる美意識の境界を壊し、女性の服装に自由をもたらすと同時に、女性の社会進出を加速させる契機にもなった。

 また、パリコレは商談が行われるビジネスの場でもある。世界中のデザイナーパリコレへ参加してくるのは、自国内のビジネスから海外ビジネスへの進出が主な目的になる。パリコレはミラノやニューヨークロンドン、東京といった他都市で開催される同様のコレクションに比べて重厚な歴史を持ち、注目度も高い。そのため、ヨーロッパアメリカアジアと世界中から商品の買い付けを行うバイヤーたちが訪れてくる。

 ブランドから見れば、パリコレには世界中のショップと取引が行えるビジネスチャンスがあるということだ。しかし、逆に言えばそれだけ競争が激しい。

パリコレの舞台で革命を起こした日本人たち

 スポーツであれビジネスであれ、日本から世界レベルを目指す。それは現代の日本では今や当たり前の感覚。だが、それを日本のファッション界は1970年代から実現させてきた。

 日本と西洋の感覚を一つにするファッション。今では珍しくないそのスタイルを確立したのは、一人の日本人デザイナーだった。1965年に渡仏し、パリで経験を積んだ高田賢三である。1970年、高田はパリコレデビューする。彼のブランドケンゾー」は、花柄を用いた豊かな色彩、和の美しさと民族衣装から着想を得た優雅なシルエットと装飾を武器に、日本と西洋の美的感覚が融合するファッションをパリモードに確立し、高田は世界のファッションを新しくする。

 「イッセイミヤケ」を創業した三宅一生は、1973年パリコレに初参加し、「一枚の布」というコンセプトを発表する。それまで西洋の服は、人間の身体に添わせて立体的に作られたものだった。しかし、三宅が発表した「一枚の布」は日本の着物のように平面的な衣服から発想し、平面である布の形を生かしたまま服へと仕立て、人間の動作と共に布が軽やかに舞う美しさをデザインした。

 三宅は、西洋の「身体=個性」とする価値観から「身体の動作=個性」とする衣服の価値観シフトを起こしたとも言え、新しい解釈によってパリコレの文脈を更新する。

日本人デザイナーによる「黒の衝撃」

 そして、1982年日本人デザイナーパリコレに最大の衝撃を起こす。川久保玲と山本耀司による「黒の衝撃」である。

 華やかな色や刺繍、上質で贅沢な素材、それらを人間の身体に添わせて立体的に作られた服が、西洋における美しい服だった。だが、川久保と山本はそれを真っ向から否定する新しい美を提示する。いくつもの穴があいたボロボロの布、身体のラインを曖昧にする分量感たっぷりのシルエット、そして豊かな色彩とは対極の黒い服。この「黒い衝撃」は、西洋の価値観を根底から揺さぶり、海外メディアから川久保と山本に過激な批判が及ぶほどに、パリコレに大きな衝撃をもたらした。

 モードとは単に最先端ファッションを指すだけでなく、連綿と受け継がれてきた西洋の服の概念に対して疑問を投げかける行為とも言え、日本人デザイナーはそれまでのパリコレには存在しなかった新しい解釈を発表することで、モードの歴史に名前を刻み、世界の巨人クラスに到達した。その系譜は以降の世代にも引き継がれ、現在も日本人デザイナーパリコレで大きな存在感を放っている。

日本人デザイナーの特徴とは?

 パリコレに参加しているアジアデザイナー日本人だけではない。とりわけ多いのが中国人デザイナーたちだ。9月開催の2020年春夏パリコレクション公式スケジュールには、ダウェイ・スン、ユマ・ワン、ヤン・リー、マーシャ・マ、ジャレル・ザンといった中国出身のデザイナーたちが参加している。

 モードファッションデザイナー固有の感性が投影されるもので、国や地域によって一括りにしてデザイナーたちの特徴を述べることは適切ではない。その一方で、ある傾向を感じることもあり、2020年春夏コレクションにおいて、日本人デザイナー中国人デザイナーデザインを比較した際に感じられた傾向を話してみたい。

技巧を凝らす日本、簡素な美しさの中国

 日本人デザイナーデザインは技巧を凝らす複雑なタイプが多い。素材・ディテール・フォルムといった服の構成要素に技術力を駆使した複雑な作りを施し、その複雑さを服全体に行き届かせ、重層的で濃度の高いシリアスデザインになっている。代表ブランドにはコム デ ギャルソンやサカイの名があげられる。

 一方、中国人デザイナーデザイン日本人デザイナーよりもシンプルな作りで、簡素な美しさが立ち上がっている服が多く、デザインポイントを絞って簡潔に表現している。たとえばユマ・ワンが2020年春夏で発表したデザインは、加工が施され、プリントを用いた素材が多い。その点では高度で複雑な技巧を得意とする日本人デザイナーの特徴に近い。だが、ユマ・ワンはその素材を複雑な作りにすることなく、布のひだを生かした立体感あるシンプルシルエットの服にデザインしている。

「マメ」は日本人デザイナーの新しい可能性を示す

 中国人デザイナーデザインは、自身の文化が混じりながらもヨーロッパに近い印象を受ける。翻って日本人デザイナーは、スタイルは西洋を軸にしつつ高度な技術を生かした複雑で重層的なデザインを取り入れ、自身の文化とパリの伝統を一体化するバランス感覚が秀逸である。その結果生まれたデザインは、パリの伝統に則しながらもパリの伝統とは異なるデザインへと到達し、このスキルの卓越さが現在の日本人デザイナーたちがパリコレで活躍する力になっている。

 ただ、日本の特徴である複雑かつ重層的デザインは重々しく見える弱点もある。その弱点を美しく解決したのが、前述のマメだった。2020年春夏で披露した緑を多用する色使いは、日本に根付く四季折々の自然に対する繊細な美意識が服として具現化されたかのように、重々しさはなく美しく儚げであり、日本の伝統をパリコレの文脈に昇華させる見事な手腕であった。

 1982年の「黒の衝撃」からもうすぐ40年。日本は、日本の新しいモード=新しい疑問をパリコレに投げかける時期がきている。マメはパリだけでなく、日本にもカウンターとなるデザインを披露した。 

人間を新しい行動へ駆り立てるファッション

 ファッションは必ずしも生活に必要なものではない、娯楽要素の強い商品だ。しかし、服を着る、ただそれだけの行為が人間に新しい行動と習慣を促す。

  アップルの創業者スティーブ・ジョブズは、ハイネックのカットソーにジーンズという、いつも同じ服装でiPhoneのプレゼンを行う姿で有名だった。ファッションに費やす時間を削減し、仕事に集中する時間を増やす。そんな考え方もある。だが、それもファッションが人間の行動を変えているとは言えないだろうか。服を選ばないという選択で選ぶ服によって。 

 今あなたは、どんな暮らしを望んでいるだろうか。その暮らしにふさわしい服とはどんな服だろう。もしかしたら、今は存在しない服かもしれない。けれど、これから生まれる可能性はある。世界最高の創造性を競うパリコレから、あなたのための服が。

(新井 茂晃)

マメ(Mame Kurogouchi)2020年春夏ウィメンズコレクションより ©getty