米倉涼子が主演するドラマドクターX〜外科医・大門未知子〜」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系※第2話は夜9:00-10:09)の第1話が10月17日に放送され、いきなり20.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率をただき出した。そんな今シーズン、新人ナース役で新たにレギュラーキャストに加わった今田美桜に歓迎の声が上がっている。(以下、ネタバレがあります)

【写真を見る】今田美桜のナース姿。これぞ“白衣の天使”!

■ 働きづめの苦労人キャラクター

ドクターX」は今回が2017年に続く第6シーズン。米倉演じる“異色・孤高・反骨の天才外科医”の大門未知子(米倉)が再び日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」で活躍する姿を描く。

シリーズから出演する内田有紀、遠藤憲一、勝村政信、鈴木浩介、岸部一徳西田敏行らに加え、新シーズンからは未知子と対立する新たなキャラクターとして市村正親ユースケ・サンタマリア、武田真治、清水ミチコ藤森慎吾、戸塚純貴らが登場する。

今田演じる東帝大学病院の新人看護師・大間正子は、津軽弁が印象的なキャラクター看護師長から注意を受けるほどの残業・夜勤をこなし、そのうえ内緒でほかの病院でも夜勤バイトを掛け持ちしている。

すべては青森の実家に仕送りをするため。初回も、「弟たちがまだ小さくて、私が仕送りしねば…」と津軽弁で家庭の事情を口にし、食堂のおばちゃん・一子(松坂慶子)を「偉いねぇ」と感心させた。

クライマックスの手術シーンでは、睡眠不足がたたり薬品を落として割ってしまうミスをしてしまった正子。麻酔科医の城之内博美(内田)に「謝る暇があったら、取ってきて」と指示され、慌てて駆け出した。

今田美桜ナース姿に反響!!

今田がワンピースタイプの白衣姿で登場した初登場シーンでは、SNSファンからの「今田美桜ちゃんかわいすぎ!!」の声が殺到!「今田美桜ちゃんのナース姿やばい。これぞ白衣の天使!!」「似合ってる!!」「鬼かわいい」「めちゃくちゃ訛ってるのたまらん」「今シーズンドクターX、顔面偏差値高すぎ!!」「最高かよ!!」といった声で沸いた。

働きづめで睡眠不足の正子は、勤務中もフラフラと倒れそう。そんな正子に「つらそう…」「美桜ちゃんの看護師さん、フラフラだけど大丈夫?心配…」といった声も…。

ドラマスタート時に「正子は働き者で真面目な性格なので、しっかりとした部分や向上心を見せられたらいいなと思います」と話していた今田。昨今の“働き方改革”に逆行するような背景を持つキャラクター・正子がシーズンを通して成長していく姿にも注目したい。

■ 次回は肝移植!第2話あらすじ

ニシキグループのCEO・二色寿郎(モロ師岡)が「東帝大学病院」に入院した。肝移植を望んでおり、院長代理のニコラス丹下(市村正親)は特患として丁重に迎える。しかし二色には移植のための肝臓提供に同意してくれる家族がおらず、カンファレンスでは「ドナーが見つかるまで内科的治療で症状の軽減を図る」と決定する。

一方、未知子は病棟で、肝がんステージⅢのドミノ師・古沢研二(清原翔)を発見。生体肝移植を待ちながらも治療費の滞納で退院を余儀なくされていた古沢を、未知子は強引に病室に連れ戻す。

古沢の恋人・二色由理(上白石萌歌)は、新たに担当医になった未知子に「私の肝臓を研ちゃんにあげてください」と懇願。だが未知子には、「日本では他人同士の生体肝移植は認められていない」とすげなく断られてしまう。やがて由理が、行方不明だった二色の末娘だということが判明し…。(ザテレビジョン

今田美桜