青い液体で満たされた箱に閉じ込められた裸の女性――。Twitterに投稿されたとある現代アートが話題です。

【画像】木箱に閉じ込められた女性「慎重に扱って」

 こちらの木箱は、10月18日10月21日に開催された国際アートフェス「ART TAIPEI 2019」で展示された作品。思わず「ぎょっ」と立ち止まってしまいそうな光景ですが、本当に人間が入っているのではなく、はめ込んだ液晶画面に映像を流しています。

 フェイクと分かっていても目が離せないのは、ディティールで世界観を表現しているからでしょう。かすれた文字で書かれた「内有活體生物 請昇進輕放(中に生き物がいます。慎重に取り扱ってください)」の注意文が恐ろしい想像を喚起させ、べたっと張り付く手のひらが「ガラス一枚隔てた向こうに人間がいる」という存在感を演出します。

 「この女性はどうなってしまうの?」と背筋がうすら寒くなり、それでいて官能的な美しさをはらんだ本作。エロティックなだけでなく、フロイト的な「エロス(生)」と「タナトス(死)」の表裏一体を感じさせます。

 Twitterの反応も二極化。「恐ろしい閉塞感。自分がそこに入っていることを想像するよぅ」と恐怖が勝る人、「なんていっていいのか……美しいです」と魅了される人、双方から多数のコメントが寄せられました。

画像提供:神田 修(@Ycuriosgroup)さん

Twitterで話題の現代アート