今夜から明日(22日) 太平洋側では大雨に警戒を

画像

台風20号は今日(21日)15時現在、室戸岬の南約280kmを45km/h(23kt)の速さで北北東に進んでいます。中心気圧は990hPaで最大風速30m/s(55kt)、最大瞬間風速40m/s(80kt)と暴風域を伴っています。

台風周辺の暖かく湿った空気が前線に向かって流れ込んでいる影響で、四国から東海の太平洋沿岸では雨が降っています。特に、三重県南部では活発な雨雲がかかり、強い雨の降っている所もあります。

この先、台風20号は前線と一体化し、明日(22日)未明には温帯低気圧となり、東日本の太平洋側に進む見込みです。西~東日本の太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定となり、今日の夜から明日にかけては雷を伴った非常に激しい雨の降る恐れがあります。

■22日6時までの24時間に予想される雨量(多い所)
東海地方      300ミリ
近畿地方      200ミリ
四国地方・伊豆諸島 150ミリ

■23日6時までの24時間に予想される雨量(多い所)
東海地方・伊豆諸島             100150ミリ
近畿地方北陸地方・関東甲信地方・東北地方  50~100ミリ

土砂災害や道路冠水、河川の増水・氾濫に注意・警戒をして下さい。竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要です。また、先日の台風19号による記録的な大雨により大きな被害を受けた関東甲信や東北地方では、少ない雨量でも新たな災害が発生する恐れがあります。十分な警戒を続けて下さい。

今夜から明日(22日) 太平洋側では大雨に警戒を