2019年10月25日から劇場公開されるオリジナルアニメーション「キミだけにモテたいんだ。」は、人気作家の岡田麿里さんが脚本構成を担当する注目作! 不器用でどこか“残念”な男子高校生たちが、ぐるぐる空回りしつつも「キミ」との出会いをきっかけに変わっていく――。はじめての恋と、そして友情の意味を知る青春純情ストーリーです。今回は、本作でヒロインの「ホリコ」こと堀ノ宮早紀子役・石川由依さんに本作の魅力をお伺いしました!

メインキャストの5人。左から松岡禎丞さん、内山昂輝さん、斉藤壮馬さん、富園力也さん、梅原裕一郎さん

――最初に役が決まったときの感想をお願いします。

石川:自分が普段あまり演じないタイプの役どころなので、決まったときは少し驚きました。スタッフキャストの方々が実力派ばかりで、ワクワクしましたね。

――演じる上で気をつけたところは?

石川:ホリコはお嬢様なので世間知らずなところもあったりするのですが、彼女自身は悪気はなく、素直だからこそ言ってしまうところもあると思いますので、悪意が出ないよう、まっすぐ伝えることは意識しました。

――『キミだけにモテたいんだ。』というタイトルの最初のイメージはいかがですか?

石川:「モテたいんだ」という言葉だけだと不誠実な印象を受けがちですが、「キミだけに」という言葉がつくと一途な気持ちが伝わってきて「言われてみたい!」と思っちゃいました。女子はみんなあこがれがあるのではないでしょうか? でも実際に面と向かって言われると「なにバカなこと言ってるんだ」と軽く一蹴しちゃいますね(笑)

――「モテ」という言葉で思い起こされるのは?

石川:「モテる」というのは「好かれる」ということだと思うのですが、その人に何かしらの魅力があるからこそでしょうし、自分に自信が持てることにもつながっていくと思います。モテるために努力するのは自分磨きということだと思いますし、みんなで『モテメン甲子園』というひとつのことに向けて一生懸命になるというのは素敵だな、と思いました。

――ちなみに、石川さんのモテエピソードはありますか?

石川:小学校6年生のときに1年生のお世話係をしたことがあるのですが、三つ編みを引っ張られていたのが「ある意味モテていたのかな?」と。それくらいしかないですね……(笑)

友人から「由依ちゃんはもっと女の子らしくしたほうがいい」と言われて、かわいく階段を降りる方法とか教えられていました。でも結局うまくいかなかったです(苦笑)。

――台本を読んだときの感想は?

石川:単純に「モテたいんだ」と言っている男の子たちも、大人になって振り返ってみると「あのころはバカだったな」とか思うかもしれませんが、そのときはとても大事なことで。努力しても挫折することもあるでしょうが、「辛いことがあっても仲間たちがいるから頑張っていける」と思える環境があるのはキラキラしていて「青春だな」、と思いました。

映像からもキラキラした雰囲気が感じられて、高校生の自分たちが見ている世界が広がっている印象を受けました。皆さん大人になると仕事が忙しかったりして恋だけに一生懸命になれないと思うので、時間や体力があるからこそできることなんじゃないかな? と。

――実際に、本番でどのような演技を心がけました?

石川:ホリコはお嬢様ということもあり、ディレクションで「周りから浮いていてほしい」と言われ、会話としてどこかかみあっていないというか、お互いに一方通行な感じに聴こえるように、と言われたのが難しくて。普段は人のセリフを聞いて、自分がいかに掛け合えるのかを考えるので、そこを出していくのが大変でした。

男の子達はみんな不器用で、ホリコ自体も完璧ではない部分はありますが、彼女自身が「モテメン甲子園」優勝をお願いするのには理由がありますし、目標に向かっていくうちに仲間意識が生まれていくところは素敵だと思いますね。

――本作のような青春を送ってみたかったですか?

石川:高校生の段階で舞台に出ていましたし、学校行事などに打ち込むこともなかったので「なにかひとつのことをみんなでやってみたかった」という気持ちはあります。

――「モテメン甲子園」出場を目指す5人のうち、特に気になる「モテナイ」エピソードを持っている人物は?

石川:アシモ(葦田茂一)は、同年代から見るとドン引きされるでしょうけど、年上のお姉さんから見るとかわいく見えると思うんです。みんな残念なところがあるけどイケメンだし、大人になったら自分のことがわかり、モテるようになっていくんだろうな……と。高校生の彼らだからこそホリコとすれ違いが起きたり、残念感が出ちゃっている部分はあると思うので。でも、だからこそ「モテよう」と思っているところが青春っぽいですよね。

――キャラクター原案をHoneyWorksのヤマコさんが務められています。

石川:お嬢様というと長髪のイメージがあるのですが、ホリコが短髪でスポーティーな雰囲気なので、どういうイメージで描かれたのかが気になります。絵からは彼女のいい意味での淡白さ、さっぱり感を感じました。男の子メンバーでいうと、時夫の長い前髪が、影がある感じで好きです。

――今作では岡田麿里さんが脚本構成、脚本を務めていらっしゃいます。

石川:岡田さんに関しては、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』や『心が叫びたがってるんだ。』といった繊細な人間模様や一筋縄ではいかない心の内など、細かい部分を描かれるのが素晴らしい方だと思っていたので、今作の内容はとても意外性がありました。「モテメン甲子園」という言葉の強さもあるのですが、ラストシーンに岡田さんの描く作品らしさが表れていると思いました。

――時夫たちが「モテメン甲子園」に向けて特訓をするシーンがありますが、印象に残っているものはありますか?

石川:駿が「靴はいいものを履かないといけない」と力説していたのですが、これは社会人になっても通じるものがあるな、と思いました。お金はかかりますけど……(笑)。ほかにも、甲子園の試合シーンで「スマートに席を譲る方法」だったり、人に役立つことがたくさん出てきましたので、こういうことでしたら私も学びたいですね。

――実際に「モテメン甲子園」があったら、実際に会場で観覧したり、SNSを使って参加したいと思いますか?

石川:私は……しないですね(笑)スマホの実況で盛り上がっている友達の横から「こっちの男子のほうがいいんじゃない?」と声をかけたりするくらいでしょうか? 気にはなりますけど、自分はSNSもあまり得意ではないですし、「流行には簡単には乗らないぞ!」と、自分のこだわりを見出すような気がします(笑)

――アフレコ現場の様子をお聞かせ下さい。

石川:キャストがほとんどそろった状態でアフレコに臨んだのですが、人数がすごく多かったです。

戸島幸太郎役の富園力也さんはテレビオーディションで選ばれた方なのですが、そのほかの方は別の現場でもご一緒したことがあるので、私自身もやりやすかったですし、緊張せずに収録できました。

 富園さんはアニメ声優初挑戦ということですごく緊張されていたのですが、ディレクションに応えようと一生懸命で、キャストのことを事前に調べて話題を作っていたり、すごく熱心だという印象を受けました。佐橋亜紀役の松岡禎丞さんは彼にアドバイスを送ってらしたりして、私の始めてのアフレコ現場を思い出して新鮮な気持ちになりました。

――キャスト同士のやりとりで印象に残っているのは?

石川:男子5人で掛け声をあげるシーンがあるのですが、どのタイミングで「お~!」と叫ぶのか? みたいな話し合いをしていたのが、高校生の部活っぽくて、なんかいいな、と思っていました。

――最後に、全国のモテたい男子に一言お願いします。

石川:みなさんが必死で打ち込んでいる姿を見てくれている人は必ずいると思いますので、それがたとえモテるのが目的だとしても、続けていくのが大事ではないでしょうか? ぜひ頑張ってください!(WebNewtype・【取材・文:佐伯敦史】)

堀ノ宮早紀子役を演じる石川由依さん。モテる秘訣について「『ひとつのことに打ち込む姿はカッコよく見える』、と改めて思いましたので、ぜひ実践してみてください」とコメント