One Asiaビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191、以下当社)は、当社出資先のアップセルテクノロジィーズ株式会社東京都豊島区、代表取締役 高橋良太、以下アップセルテクノロジィーズ社)へ、追加出資を致しましたことをお知らせいたします。当社は2017年9月よりアップセルテクノロジィーズ社へ資本参加しております。
 今回アップセルテクノロジィーズ社は、米国シリコンバレーに本社を置くペガサス・テック・ベンチャーズリード投資家として、総額6億円の資金調達を実施いたしました。

■当社代表取締役社長 吉村 英毅のコメント
 当社は、2017年よりアップセルテクノロジーズ社にご出資させていただいており、この度、アウトバウンド業務におけるリーディンカンパニーとして急成長を続ける同社を更に支援させていただくべく、追加ご出資させていただきました。同社がこれまで蓄積してきた実績、データ、ノウハウを基に、今後は海外を舞台に、より多くの企業に新たなソリューションを提供し、引いては、世界70億人へアプローチするグローバルプラットフォームとなることを期待しております。

アップセルテクノロジィーズ社の概要
 アップセルテクノロジィーズ社はアウトバウンド業務におけるリーディンカンパニーとして4,000社以上もの取引実績を積み重ねて参りました。15年のアウトバウンド専門コールセンターの実績により蓄積されたノウハウや、膨大なデータを活用するとともに、独自のAIによる顧客データの分析を通してコールセンターにおけるシミュレーション生成や運用実績のデータベース化、運用のオートメーション化を実現する『RYO-DATA』、AIによる顧客データ分析と高スキルのオペレーターによるアウトバウンドを実現する『RYO-CALL』、AIチャットと有人チャットを融合した『RYO-TALK』という3つのAIソリューションを提供しております。
 今回の資金調達により、海外特に米国、アジアにおける事業拡大、独自に開発を行っているAIシステムの機能強化及びマーケティングの強化を図り「世界を代表する次世代型グローバルインサイドセールスカンパニー」を目指してまいります。

■株式取得の目的
 この資本参加は、投資事業の一環での取り組みであり、アップセルテクノロジィーズ社の今後の成長によるリターンを期待しております。

■業績に与える影響
 今回の当社出資は、投資事業の一環での取り組みになります。アップセルテクノロジィーズ社の事業成長による将来のキャピタルゲインに期待しております。本出資による当連結会計年度の業績への影響は現時点では軽微と判断しております。

 今後も当社はより良いサービスの提供につとめるとともに、さらなる事業拡大、発展に邁進してまいります。

アップセルテクノロジィーズ株式会社
本社 :東京都豊島区西池袋5-26-19 陸王西池袋ビル6階
社名 :アップセルテクノロジィーズ株式会社
代表者:代表取締役社長 高橋 良太
URLhttp://upselltech-group.co.jp/

株式会社エボラブルアジア】
本社 :東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー19F
社名 :株式会社エボラブルアジア
代表者:代表取締役社長 吉村 英毅
資本金:2,922,029千円(払込資本7,397,729千円)
URLhttp://www.evolableasia.com/

【当社サービスサイト】 
総合旅行プラットフォーム エアトリ    :https://www.airtrip.jp/
ビジネストラベルマネジメント(BTM)事業 :http://www.evolableasia.com/service/online_travel/btm/
ITオフショア開発事業           :http://www.evolableasia.com/service/offshore/
【当社IRサイト】             :http://www.evolableasia.com/ir/

配信元企業:株式会社エボラブルアジア

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ