武田玲奈が、10月21日に自由学園明日館にて行われた「ロゼット洗顔パスタ“90周年”記念プレスイベント」にゲストとして登壇し、グラビア休止宣言後の意気込みなどを語った。

武田玲奈、その他の写真

ロゼット洗顔パスタは、2019年の4月に累計出荷個数が1億2000万個を突破した、日本初のクリーム状洗顔料。「イオウシリーズ」は発売当時から変わらぬロングセラー商品で、今年で90周年を迎える。ニキビや肌荒れの元となる原因菌を、優しく洗い流す”流す菌活”を推奨している。

イベントには武田玲奈が、繊細なレースマキシワンピースを着て登場。洗顔料を使用した感想を聞かれ「泡立ちがすごい良くて肌がキュキュッとする感じ。パッケージかわいい」と称賛。今までのモデルや芸能活動のなかで出会った、美肌の持ち主は? という質問に対しては、意外にも、日本テレビ系ドラマ『THE LAST COPラストコップ』で共演した俳優の唐沢寿明の名を挙げ、「若々しくて、肌がきれいだな〜と思って見ていた。(お肌が)ピチピチでした」と語った。

中学生時代はテニス部に所属し、日焼け対策もそこそこにスポーツに打ち込んでいた武田。現在も役作りで、ソフトボールの練習に励んでおり、「私は筋肉の”筋活”をしています。家でも腹筋などのトレーニングをしている」と語った。現在22歳の武田は自身の恋愛について、好きな男性のタイプは「優しくて包容力のある人」だと明かし、「一緒に料理を楽しみたい。結婚願望はもちろんあります」とはにかんだ。

今年いっぱいでグラビアの休止を発表している武田。今の心境を「私は私のまま、大事にしているものは変わらない。これからは映画やドラマなど女優業に専念していく」とし、歳を重ねた後のグラビア解禁の可能性については「わからない」と明言は避けたが、「お芝居メインでがんばりたい」と決意を新たにしていた。

武田玲奈