株式会社ブシロード(本社:東京都中野区、代表取締役社長:橋本義賢)と株式会社ポケラボ(本社:東京都港区、代表取締役社長:前田悠太、グリー株式会社100%子会社)は、好評配信中のスマートフォン向けゲームアプリ戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」にて、オリジナルストーリークエストギャラルホルン編 第2章」を2019年10月21日(月)17:00より配信開始したことをお知らせします。

あらすじ
並行世界を食らう魔獣、世界蛇。
その巫女、ベアトリーチェ
装者たちの前に立ちはだかる圧倒的脅威との接触から数日が経過。

絶望に打ちひしがれつつも、決してあきらめない装者たちは、
世界蛇と戦う組織、スクルドと同盟を結び、世界蛇討伐に向けての行動を開始する

世界蛇を倒すための、
2つの希望を手にするために――。

プロモーションビデオギャラルホルン編 第2章」】
URLhttps://youtu.be/ISDhVhHedzA

クエスト概要】

XDクエストに「ギャラルホルン編 第2章」が追加されました。
ギャラルホルン編ではアプリオリジナルの長編ストーリーをお楽しみいただくことができます。

※XDクエストは「MA3-20:正義を信じて、握り締めて」をクリア後にプレイできるようになります。

-----------------------------------------------------------------------------------------
ギャラルホルン編をプレイすることで達成できるフリーミッションが追加されました。
ミッションクリアすることで合計150個の歌唱石の他、カード強化に必要な素材を獲得することができます。

※付与される歌唱石は無償分です。
※歌唱石は直接付与されます。

ギャラルホルン編 第2章」の公開に先立ち、『グレイプニルギア』の★5シンフォギアカードセレナ・カデンツァヴナ・イヴ【DVERGR†DEARSPACE】」が獲得できるガチャを配信中です。
グレイプニルギア』はセレナが纏うシンフォギアアガートラーム』と、完全聖遺物グレイプニル』のデュオレリックとなり、「ギャラルホルン編 第2章」で初登場するギアとなります。

【開催期間】
2019年10月10日(木)17:002019年10月31日(木)13:59

【主なピックアップカード
★5シンフォギアカードセレナ・カデンツァヴナ・イヴ【DVERGR†DEARSPACE】 」


セレナ・カデンツァヴナ・イヴ【DVERGR†DEARSPACE】
【覚醒(4段階目)】


※本ガチャ開催期間中、上記カードの同レア内提供割合がアップします。
※排出時に獲得できるシンフォギアカードは覚醒前の状態です。
※詳細は本ガチャ配信開始後にアプリ内のお知らせをご確認ください。


アプリダウンロードはこちらから
iOShttps://itunes.apple.com/jp/app/id1197254648?mt=8
Android™:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.pokelabo.sgxd

■公式サイト
戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED 公式サイトhttps://symphogear.bushimo.jp/

■公式SNS
・公式Twitterhttps://twitter.com/symphogear_XD
・公式Facebookhttps://ja-jp.facebook.com/symphogearxd/

タイトル戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED
ジャンル :シンフォニックバトルRPG
企画/制作:株式会社ブシロード
音楽 :Elements Garden
開発/配信:株式会社ポケラボ
配信日:2017年6月26日(月)
対応端末
iOS : iOS 9.0 以上/iPhone 5s、iPad AiriPad mini4、iPod touch 第6 世代以降
Android: Android4.4 以上をインストールした端末
※一部端末ではご利用いただけない場合がございます。


カードイメージを掲載いただく際に「SAMPLE」もしくは「各社メディアロゴ」などを画像上に載せた形で掲載いただくようお願いいたします
※本件ご紹介いただく際は、権利表記として下記7点の記入をお願いします。
(C)Project シンフォギア
(C)Project シンフォギアG
(C)Project シンフォギアGX
(C)Project シンフォギアAXZ
(C)Project シンフォギアXV
(C) bushiroad All Rights Reserved.
(C) Pokelabo, Inc.

配信元企業:株式会社ブシロード

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ