あのMattに、誰でもなれる。この動画を見れば――。

有楽製菓東京都小平市)は、ブラックサンダー発売25周年を記念したウェブCM「【ブラックサンダーMATT×ハロウィン】劇的!Mattメイクで大変身編」を2019年10月21日ユーチューブで公開した。

タレントMattさんが、有楽製菓社長・河合辰信さんに化粧を施しながら、「Mattメイク」の全工程を解説している。

「宇宙人感」のある目元を作り上げた

動画には、すっぴん状態の河合社長が「Matt化」するまでの過程が収められている。

はじめのベースメイクの段階では、保湿クリーム、肌の色味を補正するコントロールカラー、コンシーラー、クッションファンデーション、パウダーを使って河合社長をMattさんのような白い肌に変えていく。

「(ファンデーションは)空気を入れながら伸ばしていった方がなじむ」「皮脂とか汗にも強くなって、摩擦にも強くなるので、パウダーは必ずはたいた方がいいです」とコツをコメントしながらのメイクで、普段の化粧にも役立ちそうだ。

Mattさんは、特徴的な目元の作り方も詳細に伝授する。

「眉毛は絵でいう『額』と同じなので、すごい大切なパーツです」「パウダーで書いてから(眉マスカラで)毛を染めることで、より自然になります」と河合社長の眉をりりしく描いた後は、アイシャドウ、ハイライト、パウダーアイライナー、つけまつげアイブロウを駆使して、「宇宙人感」のある目元を作り上げた。

顔をより立体的にするためにローライト、ハイライトを入れ、リップを笑顔に見えるように塗ってメイクは完成。河合社長は鏡とMattさんを見比べて、「2人いる!」と感動した様子だ。

Mattさんは「これでハロウィンの主役間違いなし!みんなも真似してね」と、仮装としての「Mattメイク」を薦めた。<J-CASTトレンド>

ブラックサンダーを持つ河合社長(左)とMattさん(右)(画像はMattさんが加工)