セブン-イレブンジャパン10月21日、加盟店オーナー向けが深夜休業を実施するかどうか検討する際の事項などをまとめた「深夜休業ガイドライン」を新たに制定したと発表しました。これまで取り組んできた深夜休業の実験を経て、11月1日から8店舗が本移行するとしています。

【その他の画像】

 ガイドライン11月1日に加盟店向けに配信。深夜休業を実施するにあたり、加盟店オーナーが事前に検討する要素・手続き、深夜休業の具体的な内容などを記しているとのことです。

 セブン-イレブンジャパンは「深夜休業の実施は、お客様の利便性、加盟店の売上・利益、お取引先様への対応等に対して、様々な影響を与えることが予想されます」として、深夜休業を実施するかどうかの判断にあたっては、まず自身の店舗でテストを実施することを勧めており、ガイドラインはその上で検討・考慮するためのものだとしています。

 休業時間帯や開始時期など、深夜休業の具体的な内容はオーナーと本部が合意した上で進め、深夜休業の実施判断は最終的にはオーナーに判断してもらうとのことです。

 同社は4月、「持続可能な成長を実現していくための指針」として「行動計画」を発表。その中で、営業時間短縮の検討や加盟店支援策を重点施策として打ち出していました。

 深夜休業の実験は9月末時点で約230店が実施しており、11月1日から8店舗が本実施を始めることに。24時間営業を金科玉条としてきたコンビニ業界が大きく変わっていきそうです。

セブン-イレブン・ジャパンのニュースリリース