20日、東京競馬場で行われた11R・ブラジルカップ(L・3歳上オープンハンデ・ダ2100m)で1番人気、A.シュタルケ騎乗、サトノティターン(牡6・美浦・堀宣行)が快勝した。3.1/2馬身差の2着にメイプルブラザー(牡5・栗東・山内研二)、3着にクロスケ(牡4・美浦・水野貴広)が入った。勝ちタイムは2:08.0(重)。

 2番人気で松若風馬騎乗、テルペリオン(牡5・栗東・寺島良)は、15着敗退。

【桂川S】武豊 アイラブテーラーが人気に応えて差し切り!

シンボリクリスエス産駒 サトノティターン

 1番人気に支持されたサトノティターンがその支持に応えて嬉しい6勝目を飾った。レースでは好位グループの後ろで内から差を詰めていくと、直線だけ外に持ち出すロスのない競馬で、ラスト1ハロンから先頭に立ち見事に押し切った。

サトノティターン 12戦6勝
(牡6・美浦・堀宣行)
父:シンボリクリスエス
母:マチカネチコウヨレ
母父:Deputy Minister
馬主:里見治紀
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 サトノティターン
2着 メイプルブラザー
3着 クロス
4着 ゴールデンブレイヴ
5着 ホーリーブレイズ
6着 サトノプライム
7着 ブラックバゴ
8着 サノサマー
9着 メイショウスミトモ
10着 カラクプア
11着 フェニックスマーク
12着 コスモナディア
13着 マイネルクラース
14着 ナムラアラシ
15着 テルペリオン
16着 ミキノトランペット