20日、京都競馬場で行われた8R・なでしこ賞(2歳1勝クラス500万下・ダ1400m)で4番人気、M.デムーロ騎乗、テイエムサウスダン(牡2・栗東・飯田雄三)が快勝した。1.1/4馬身差の2着に1番人気のアルコレーヌ(牝2・栗東・奥村豊)、3着にラインガルーダ(牡2・栗東・松永昌博)が入った。勝ちタイムは1:23.6(良)。

 2番人気で岩田康誠騎乗、オヌシナニモノ(牝2・栗東・高橋義忠)は、5着敗退。

【新馬/新潟5R】7番人気 ブライティアランドがデビュー勝ち!

サウスヴィグラス産駒 テイエムサウスダン

 4番人気のテイエムサウスダンがゴール前の追い比べを制して嬉しい2勝目を飾った。
スタートからアルコレーヌとテイエムサウスダンの2頭がレースを引っ張る展開で、勝負どころでも後続をグングン突き放して完全なマッチレースに。互いに譲らない競り合いとなったが、テイエムサウスダンに軍配が上がった。

テイエムサウスダン 4戦2勝
(牡2・栗東・飯田雄三)
父:サウスヴィグラス
母:ムービングアウト
母父:Langfuhr
馬主:竹園正繼
生産者:グランド牧場