トヨタの小型ミニバンシエンタ(SIENTA)がフルモデルチェンジをして、発売されました。今回、発売されたシエンタ(SIENTA)は、先代モデルのカクカクしたイメージから大幅にエクステリア・外見のデザインが変更。かなりスポーティなデザインになりました。そんなフルモデルチェンジをしたシエンタ(SIENTA)を私が見た感想は、トヨタハイブリッドコンパクトカーのアクア(AQUA)にソックリ。発売前からシエンタ(SIENTA)は、アクア(AQUA)のミニバンモデルと言われていましたが、意外と当たっているかも!?と、思っちゃいました。そんなシエンタ(SIENTA)とアクア(AQUA)の外見エクステリアの比較をしてみました。2015/8/18

外装比較① フロントデザイン
トヨタ シエンタ 2015

シエンタ(SIENTA)とアクア(AQUA)のフロントからの画像は、このようになっています。

こちらが新型シエンタ

トヨタ シエンタ 2015
トヨタ シエンタ 2015
トヨタ シエンタ 2015
トヨタ シエンタ 2015

ちなみに、今回外装・エクステリア比較するシエンタ(SIENTA)のグレードは、ハイブリッド車の最上位グレードのXグレード。

そして、アクア(AQUA)は2014年ビッグマイナーチェンジをした時に新登場した少しワイルドモデル”X-URBUN(Xアーバン)です。

このように2台のクルマを並べて見比べてみると、やはりこの2台の外見・エクステリアは、似ていますね。

アクア(AQUA)には、一筆書きのようなひげ(黒いガーニッシュ)はありませんが、最近トヨタクルマの特徴でもある大口のフロントグリルなど共通点が多いと思いました。

これほど雰囲気が似ていたら、今回発売されたシエンタ(SIENTA)は、アクア(AQUA)のミニバンモデルと言われてても仕方ないかもしれませんね。

また、私がシエンタ(SIENTA)を見てアクア(AQUA)とソックリと思った理由は、ボンネットの中央部分。

画像では少し分かりにくいのですが、シエンタ(SIENTA)のボンネットの中央部分は、少し盛り上がっているデザインになっています。

トヨタ シエンタ 2015

このデザインがソックリだと思いました。

また、シエンタ(SIENTA)とアクア(AQUA)を見比べて、「おっ!ココは良いな」と、思った部分も・・・。

それは、シエンタ(SIENTA)のフロントグリルに付いているシルバーのガーニッシュ。

トヨタ シエンタ 2015

このように改めて見比べてみると、このシルバーのガーニッシュがワンポイントになっており、また、アクアとの差別化の部分になっており改めて良いなと思いました。

また、釣り上がったヘッドライトデザインもソックリ。

コチラがシエンタ(SIENTA)のヘッドライトデザイン

トヨタ シエンタ 2015

そして、こちらがアクア(AQUA)のヘッドライト

トヨタ シエンタ 2015

ともに標準装備のヘッドライトでは、プロジェクター式のハロゲンを仕様。

標準装備のヘッドライトでは、ソックリなデザインですが、オプションLEDライトを装備して点灯すると、この2台の雰囲気はガラッと変わります。

シエンタ(SIENTA)にオプションLEDランプパッケージを装備したとら、ヘッドライトはこのようなデザインになっています。

トヨタ シエンタ 2015
トヨタ シエンタ 2015

そして、こちらがアクア(AQUA)にオプションLEDランプパッケージをつけた時の様子。

トヨタ シエンタ 2015

LEDランプパッケージを点灯した時の雰囲気は、違いますよね。

ヘッドライト部分をグルリと一周LEDのクエイアランスランプが囲むようなデザインになっているシエンタの方が、インパクトがあると思いました。

個人的にはLEDライトを装備した時は、アクア(AQUA)よりもシエンタ(SIENTA)の方がインパクトがあって良いなと思いました。

外装比較② サイドデザイン

シエンタ(SIENTA)とアクア(AQUA)を横から見たときのデザインは、このようになっています。

まずは、シエンタ(SIENTA)から。

トヨタ シエンタ 2015

そして、アクア(AQUA)。

トヨタ シエンタ 2015

シエンタ(SIENTA)は小型ミニバン、そして、アクア(AQUA)はコンパクトカーとカテゴリーが全く異なるので、当たり前ですが横からのデザインは全く違いますね。

シエンタ(SIENTA)の方が車高も高く、また、全長も長くなっています。アクア(AQUA)の方が車高が低いので、スポーティな雰囲気になっていますね。

サイドからのデザインは全く異なるこの2台ですが、実は、共通点も・・・。

それは、2台とも伸びやかなデザインになっている事。

ドアハンドルの位置を見てみると、フロントシートのドアハンドルよりも後席のドアハンドルの位置の方が若干高くなっています。

トヨタ シエンタ 2015
トヨタ シエンタ 2015

また、2台とも後方(リア)に行くにつれて、サイドウィンドウの下端の位置が高くなっているデザインになっています。

実はこのようなデザインは伸びやかなデザイン&スポーティーを演出するための手法の一つ。

クルマカテゴリーは異なりますが、スポーティーさを演出するなどやはりシエンタ(SIENTA)とアクア(AQUA)は、デザインに関しては似たようなコンセプトを持つクルマなのかなと思いました。

シエンタ(SIENTA)とアクア(AQUA)をサイドからのデザインを見た時の一番の違いは、アルミホイールデザインですよね。

シエンタ(SIENTA)は、ハイブリッド車の最上位グレードでも、15インチサイズのスチールホイールが標準装備。

トヨタ シエンタ 2015

一方、アクア(AQUA)の新グレード”X-URBAN(Xアーバン)”は、16インチアルミホイールが標準装備。

トヨタ シエンタ 2015

これはちょっと羨ましいですよね。

ちなみに、アクア(AQUA)でもアルミホイールが標準装備になっているのは、この”X-URBAN(Xアーバン)”のみ。それ以外のグレードでは、スチールホイールが標準装備になっています。

ただ、このように見比べてみると、アルミホイールを装備した方がかなりスポーティでオシャレな雰囲気になりますね。

ちなみに、シエンタ(SIENTA)ハイブリッド車オプションの16インチタイヤアルミホイールを装備したときの様子は、このようになっています。

トヨタ シエンタ 2015

やはりアルミホイールを装備した方がオシャレだと思いました。

アクア(AQUA)さも先代モデルと比べるとスポーティさをウリにしているのなら、最上位グレードにはアルミホイールを標準装備してもらいたかったです。(その分さらに価格が高くなってしまう可能性がありますが・・・)

外装比較③ リアのデザイン

フロントマスクはソックリだったシエンタ(SIENTA)とアクア(AQUA)ですが、サイドからの見た目同様にリアからのデザインも全く異なります。

シエンタ(SIENTA)のリアからのデザインは、このような感じ。

トヨタ シエンタ 2015
トヨタ シエンタ 2015

そして、アクア(AQUA)のリアからのデザインは、このような感じ。

トヨタ シエンタ 2015
トヨタ シエンタ 2015

シエンタ(SIENTA)ハイブリッドアクア(AQUA)もトヨタハイブリッド車の特徴でもある青いトヨタエンブレムを装備。

ただ、この2台のクルマは、ソックリと言われていますが、リアを見比べるとサイズ感だけでは無く、デザインも全く違いますね。

特に異なるのは、リアコンビネーションランプデザインシエンタ(SIENTA)のリアコンビネーションランプデザインは、このように横型のデザイン

トヨタ シエンタ 2015

また、サイズ的にもそれ程大きくなく、インパクトもありません。

一方、アクア(AQUA)のリアコンビネーションランプは、縦に長いデザイン

トヨタ シエンタ 2015

大き目のデザインになっているので、夜間運転中もインパクトがありそうですね。

トヨタ シエンタ 2015

このようにシエンタ(SIENTA)とアクア(AQUA)を比べてみたところ、フロントマスクデザインはソックリでしたが、リアのデザインは全く違っていました。

ただ、これほどフロントマスクデザインが似ていると、シエンタ(SIENTA)はアクア(AQUA)のミニバンモデルと言われても仕方ないのかもしれませんね^^

個人的にはアクア(AQUA)のデザインも嫌いでは無いので、現行のシエンタ(SIENTA)の見た目・フロントマスクデザインにもそれ程不満はありません。

ただ、私の中でシエンタ(SIENTA)のイメージは、未だに先代モデルのような柔らかいイメージ。なので、現行モデルのスポーティーなデザインはまだちょっと慣れません。

でも、このシエンタが街中で普通にみかけるようになったら、ちょっと奇抜と思っていたこのデザインも、もう少ししたら見慣れてくるのかもしれませんね^^

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報
シエンタとアクアを画像で比較①|外見・エクステリアは似ている!?