新日本プロレスは21日に都内の事務所で会見を開き、米国法人『New Japan Pro-Wrestling of America Inc.』を設立すると発表した。

 冒頭に流された映像では、LA道場のコーチを務めている柴田勝頼が登場。「新日本プロレスはついにアメリカ法人を設立します!我々LA道場選手一同、ますます頑張って参ります。今後もご期待ください。以上!」と宣言。かねてから話があった米国法人設立を明らかにした。

 新日本の菅林直樹会長は、米国法人は新日本プロレス100%子会社として2020年11月の設立を予定していると発表。米国法人のCEOに就任する新日本プロレス経営企画部の大張高己執行役員は「海外で巨大資本の参入があり、アメリカの市場が拡大している。海外で新日本のストロンスタイルへの愛着やレスラーのレベルの高さが認知され、ファンニュージャパンに強い思い入れを抱いている。プロレスを見始めて突き詰めると新日本プロレスにたどり着くというファンも多いことが分かった」と強調。

 社名については「我々はあくまで新日本プロレスをそのままアメリカにお届けしようという考えから社名もニュージャパンは変わらず、最後にアメリカという地域名を付けた」という。

 今後の興行についても大張氏は言及。「アメリカを5つのエリアに分け、西海岸は6つの都市4つの州、中部を7つの都市6つの州などに分け、おおむねこのエリアカバーして興行を行っていく。今後はLA道場にオフィスを構え、選手の育成やトライアウトも行い、目新しい対戦カードや新しい選手の参戦が実現する」とした。

 大張氏が話した「巨大な資本の参入」とは、今年1月に新日本との契約を満了したケニー・オメガCodyヤングバックスらが旗揚げした新団体AEWを指しているのは言うまでもない。AEWはパキスタンアメリカ人の大富豪カーン親子がオーナーで、米テレビ局TNTが放送し、アメリカでの市場を拡大。世界最大のプロレス団体WWEに続く団体として注目を集めている。

 今後はアメリカでのツアーも開催される見込みで、サイト新日本プロレスワールド」でも、アメリカ大会の配信を増やしていくとのこと。

 柴田の指導の下、LA道場の選手も順調に育っている。今後はWWE、AEW、そしてNJPWによる全米プロレス巴戦が激しく繰り広げられるだろう。

(どら増田)

柴田勝頼