00

 世界には、およそ2300種のカマキリが存在すると言われている。その中でも、ハナカマキリは花のように見立てた姿でカモフラージュする擬態スキル素晴らしい

 南アフリカで、一見繊細なガラス細工のような装飾の非常に美しいハナカマキリが発見された。

 発見者の女性が、このハナカマキリの写真と映像をソーシャルメディアシェアすると、コラとも見間違えるほどのあまりのレベルの高さに、ユーザーらは驚きの声をあげた。

―あわせて読みたい―

ネットアイドル生物図鑑:魔王の異名をもつ「ニセハナマオウカマキリ」
人間ですら全力で威嚇するカマキリのドヤポーズ
透けて見えるぜ!体が透明なカマキリがハエを食べる高画質映像
こりゃ騙されるわ。おすまし顔で蘭になりきりカメラ目線で優雅に捕食。ハナカマキリの高画質映像
綺麗なハナカマキリの捕食の瞬間。モグモグされるハエの運命

繊細かつ鮮やかな装飾のハナカマキリが発見

 9月1日、マーガレット・ネヴィルさんは、自身が経営する南アフリカの郊外にある農場の庭を散歩していた。

 その時、ラベンダー畑に止まっている一匹の美しいハナカマキリに気付いた。それは、ネヴィルさんが今までに見たことのないもので、繊細なガラス細工のように思えたという。

 そのハナカマキリは、大きさは4cm弱ほどで、白と緑の羽根にエレガントな渦巻き模様が強調されており、体は小さな紫色の花のような構造で飾られていた。

 ネヴィルさんが友人のケリーさんに写真を送ると、ケリーさんは「絶妙な芸術作品かと思った」と驚きの声をあげた。

アフリカに生息するスピニー・フラワーマンティス

 このハナカマキリは、スピニー・フラワーマンティス(トゲハナカマキリ)、またはPseudocreobotra wahlbergi、と呼ばれる種のもので、アフリカの東部と南部に生息している。

 発見したハナカマキリがメスであることを知ったネヴィルさんは、「Miss Frilly Pants(フリルパンツさん)」と名付け、ラベンダー畑で注意深く観察していたところ、同種のオスも発見した。

 カマキリのオスとメスの関係は短く、交尾後はメスがオスを食べてしまうケースもある。

 しかしカップルの写真を撮影し、フェイスブックシェアしたネヴィルさんは、この美しいハナカマキリが残す子孫を目にすることができるかもしれない喜びを語っている。

ソーシャルメディアでも大反響

 ハナカマキリの映像と写真をフェイスブックシェアし、「これは紛れもない本物の姿で、フォトショップではありません」とネヴィルさんが綴ると、ユーザーらから大きな反響を呼び、次のようなコメントが相次いだ。

・なんて美しいデザインのハナカマキリなんだ。神は新たなプロジェクトに成功したといえるね。

フリルパンツ…名前の付け方が最高。

・自然ほど美しい物はない。

・本当に綺麗。宝石みたい。

美しいけど、ミツバチを捕食するんだよね。複雑…。

・このハナカマキリは今まで見たことなかった。ミツバチを食べる以外は、素晴らしいね。

・これまで見た昆虫の中で一番美しいかも。


 このハナカマキリが動いている姿を見たい人はYOUTUBEに動画がある。


Pseudocreobotra wahlbergii


Pseudocreobotra wahlbergii
written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52283676.html
 

こちらもオススメ!

―昆虫・爬虫類寄生虫についての記事―

人間の関節の一部にサンショウウオのような再生能力が備わっていることが明らかに(米研究)
ミツバチの世界でも「アメとムチ」は有効。罰を与えられたハチはやる気を出すことが判明(フランス研究)
ワニが口にくわえていたものはサメ!?それとも...(アメリカ)
繁殖を防ぐために遺伝子組み換えした蚊を野生に放ったところ、逆に野生種と混じってパワーアップした可能性(ブラジル)
川底でトルネード旋風を巻き起こす!全長7メートル、巨大アナコンダ様のお通りでぃ!(ブラジル)※ヘビ出演中

―画像の紹介記事―

今年も冬がやってくる。Redditユーザーが車のボンネットの下で子猫発見。その姿にReddit民大喜び
足の大モフ感!カナダオオヤマネコの魅力にズームイン
世界トップクラスの自転車競技選手が自身の脚の写真を公開。人体解剖図のような象徴的なふくらはぎに隠された真実
床からキノコ!ベッドに髪の毛の束!旅先のホテルで出会った最悪のこと(※衛生的ダメージ注意)
難易度高め。この中から1匹のヒョウを探し出せ!
可憐な花にしか見えない!美しすぎて発見者を驚かせたハナカマキリ(南アフリカ)※カマキリ出演中