9月22日、新感覚アイドルユニット・Hi!Superbを中心とした8組のボーイアイドルグループZepp Osaka Baysideに集合。対バン形式のアイドルグループ・フェスが行われた。


 オープニングアクトを飾ったのは、俳優などで活躍するActorをベースにした、キャラクターとのシンクロ100%LEORYOOMIMAGURA、SIONの5人組アイドルユニット・Hi!Superb。白の爽やかな衣装で登場したHi!Superbは、RYOの「大阪ー!、Are You Ready?!」のかけ声で「Brand New Hi!」をノリノリで歌い出す。そしてOMIが「今日は盛り上がって行きましょう!」と叫び、5人で仲良く肩を組んで「Hi!Buddy!!」を歌唱。RYOがお得意のバク転を披露し「VIVA! SUMMER」を歌うなど、会場の温度を一気に上昇させてくれた。 

 2組目として登場したのは、スターダストプロモーションの若手俳優集団・EBiDANの研究生から選抜されたメンバーで構成されるBATTLE BOYS。今回は全国選抜第4期メンバーの小原滉平、紀田直哉、咲太朗、笹原遼雅、弓木大和が出演。黒づくめの衣装でキメてきた5人がハードでセクシーな楽曲「ebidence」を歌い出すと、会場は女子の大歓声で盛り上がる。そして小原が「皆で突き進んでいこうという曲になってます!」と紹介する新曲「NEXT ZONE」を披露。リズミカルなナンバーを高らかに歌い上げてくれた。

 3組目は、EBiDANのOSAKA研究生から選抜された三屋響、安藤夢叶、志音、石田ローウェン、橋本歩夢、佐々木頼忠、ジェイの7人組ダンスボーカルグループ・AMEZARI-RED STARS-。全員が10代という若々しい彼らが歌い出したのは、鋭いギターカッティングが印象的な楽曲「ZARIGANI DANCE」。爽やかで鮮やかなステージを見せてくれたあと、全編英語の歌詞で構成された「with my step」では見事な歌唱力を披露し、「青春Z」ではメンバーと観客が一緒になって叫ぶ“絶対!絶対!!”というかけ声で会場をひとつにするなど、熱く盛り上がるステージを展開した。

 続いて4組目として登場したのは、川﨑翔太、杉本琢弥、早野李勇、半田豪、斉藤広樹、西玲人、浅川真樹による、関東を中心に活躍中の7人組ダンスボーカルグループBLACK IRIS。新曲「METEOR」をセクシーで野性味のあるダンスと歌で表現すると、客席からは悲鳴のような叫び声が沸き起こる。そしてダンサブルな楽曲「B.I SWAG」を歌ったかと思うと、ドライブ感溢れる「BLACK JACK」を披露。ラストは勢いそのままにパワフルに「Do it」を歌い上げた。

 5組目に登場したのは、7人組ダンスボーカルグループBUZZ-ER.。SAKU、CHIBA、SHALF、YUYASHUNKOHEY、HAUという、国際色豊かなメンバーが揃ったヴィジュアル系イケメングループだ。王子様ファッションでキメた7人がラップ混じりの「Don’t Be Afraid RE-iwa-MIX」を歌い出すと、客席はたちまちBUZZ-ER.のテーマカラーである紫で染め上げられる。キャバレーソング風のオシャレな楽曲「ヘルプミー」では、1列に並んで肩を組みフレンチカンカンのように足を蹴り出し、アゲアゲソングの「Black or White」では、可愛らしくもユーモラスなダンスを披露して観客を魅了していた。

 「劇団番町ボーイズ☆」で俳優として活躍中のメンバーで結成されたダンスボーカルユニット・銀河団 from 劇団番町ボーイズ☆は6番手として登場。メインボーカルの木原瑠生とダンスボーカルの織部典成、澤田優、矢代卓也、宮内伊織の5人がステージに姿を現すと、ド派手な光り輝くゴールドのコートを着た木原のボーカルでアーバンなラブソングSMILE」を情熱的に歌い上げる。続いて木原と澤田のツインボーカルダンスナンバー「Dance of Thunder」、ハイセンスな楽曲「Special Night」を高らかに披露し、ラップメンバー紹介する「Galaxy」では、メンバーの名前を観客と共に一人ずつコールレスポンスラストは「愛しても恋しても」を披露してさらに観客を盛り上げた。

 大倉空人、小泉光咲、桜木雅哉、長野凌大、武藤潤、杢代和人、吉澤要人の7人で結成された「原因は自分にある。」は7番手として登場。「BATTLE STREET」から新たなユニット名に変更した、スターダストアイドルユニットである彼らの持ち味は“前衛的”! サイケと美しさが混じり合った独特な楽曲「原因は自分にある。」では、クロスさせた拳を全員で勢いよく振り上げるなど、独特のセンスダンスが楽しい。また失恋ソング「ラベンダー」では初々しい恋心を切なく歌い上げ、「ギミギミラブ」ではイケイケな彼らの姿を披露してくれた。

 CUBERSは「友情、努力、音楽!」をキャッチフレーズとする、末吉9太郎、優、TAKA、春斗、綾介の5人で結成されたメンズアイドルグループ。8組目として登場した彼らは、つんく♂作詞・作曲、夏まゆみ振り付けのメジャーデビューソングメジャーボーイ」を若々しく歌唱するとその後、メジャー2ndシングル「妄想ロマンス」を元気いっぱいに歌いまくる。また、ガチなアイドルオタクハロプロをこよなく愛する末吉9太郎が、ぽわぽわ、ふわふわなカワイイ声で彼の代名詞的なセリフそれなー」を披露すると女子たちに大ウケだった。

 ラストに登場したのは、オープニングを飾ったHi!Superb。小道具の白い椅子を使いながら「Good Bye Django」をセンス良く歌い上げたかと思うと、パワフルに「Brave Rejection」を歌いながらSIONを4人で高く宙に掲げてみせた。「Happy Life Spectacle」でカラーボールを客席に投げ込むパフォーマンスを行うと、ラストは出演者全員が登壇し「MugaMuchuLife」を皆で一斉に歌い出す。若手メンズアイドル達がグループの枠を超えて肩を組み合ったり、一緒に踊ったりしながら歌う姿はとてもキラキラしていて眩しかった。

※画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

開催概要
BOYS-ZONE Fes.2019 in Osaka
開催日:9月22日
会場:Zepp Osaka Bayside

セットリスト
●Hi!Superb
M01:Brand New Hi!(1half
M02:Bring Out The Heroes(1half
M03:Hi!Buddy!!(1half
M04:VIVA!SUMMER(1half

BATTLE BOYS
M01:ebidence
M02:Sha na na
M03:NEXT ZONE

●AMEZARI-RED STARS-
M01:ZARIGANI DANCE
M02:100億のコトバをキミに
M03:with my step
M04:青春Z
M05:幻の大地

BLACK IRIS
M01:Do it
M02:B.I SWAG
M03:BLACK JACK
M04:METEOR

BUZZ-ER.
M01:Don’t Be Afraid RE-iwa-MIX
M02:HONEYBEAT
M03:ヘルプミー
M04: B>EVOLUTION
M05:Black or White

●銀河団from劇団番町ボーイズ☆
M01:SMILE
M02:Special Night
M03:Dance of Thunder
M04:Galaxy~愛しても恋してもメドレー

●原因は自分にある。
M01:原因は自分にある。
M02:ラベンダー
M03:Up and Down
M04:ギミギミラブ

CUBERS
M01:メジャーボーイ
M02:神様は忙しい
M03:PEOPLE GAME
M04:妄想ロマンス

●Hi!Superb
M01:Good Bye Django(1half
M02:Brave Rejection(1half
M03:Happy Life Spectacle(1half

●出演者全員
M04:MugaMuchuLifehalf

LOVE&ART 公式サイト
https://ch.nicovideo.jp/loveart


LOVE&ART 公式Twitter
https://twitter.com/loveart_info


(C)MAGES.