10月20日放送のTOKYO FM『KOSE HEALING BLUE』に、オアシズ・大久保佳代子が出演した。

【別の記事】大久保佳代子、“本気で惚れた”ジャニーズタレントのある行動を明かしスタジオ悲鳴

番組では、パーソナリティー大久保リスナーから送られてくるさまざまな悩みに回答。この中で、39歳のリスナーから、“最近趣味が合う男性と知り合い、2人で出かけるようになったが、この年齢で恋愛をすることにためらいもある。どうしたらよいか?”という質問が寄せられた。

これに対し、現在48歳の大久保は「若い若い!まだ全然!39(歳)でしょ?」「少女ですよ、こんなん」とコメント。その理由として「39(歳)って、私、今振り返ったら元気だったなと思うのよ」「飲みに誘われても行ったし、なんか好きだな~と思ったらちょっとほろ酔いLINEしちゃったりとか」と語った。

続けて「45(歳)とか全然できなくなるし、後々のこと考えるし…どんどんもう体も心も重くなっちゃうのね」と話し、「39(歳)でこれ言ってちゃダメよ」「勢いがまだ、まだ残ってるから。20代に比べたら少なくなってるけど、まだ残ってるから、もう全然行った方がいいよね」とアドバイス。さらに「恋するってエネルギーすごい必要だって思った」とも語り、「40歳手前ならGO!だよね」「行った方がいい」と改めてリスナーを後押しした。

大久保佳代子、アラフォー時代の恋愛事情を明かす「好きだな~と思ったら…」