29年ぶりの“平壌決戦”に帯同、クォン・ギョンウォンが韓国メディアに告白

 2022年カタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選グループHの北朝鮮と韓国の試合が、15日に平壌の金日成スタジアムで行われた。0-0の引き分けに終わったゲームを巡り、韓国では今も様々な話が飛び交っている。

 平壌開催の“南北対決”は29年ぶりと、歴史的な一戦として注目を集めたが、テレビ中継もなく無観客で行われるなど、前代未聞の事態に見舞われた。そうしたなか、21日に行われたKリーグ第34節の試合後に、北朝鮮戦を振り返る代表選手もいた。

 韓国のサッカー専門サイト「インターフットボール」は、「平壌でのアウェー戦で『盗聴された』と証言したのは、DFクォン・ギョンウォン(全北現代)だった」と、冒頭から衝撃の事実を伝えている。記事のなかでクォン・ギョンウォンは、まず「北朝鮮との試合はとてもいい経験だった。北朝鮮にはいつか一度は行ってみたかった。サッカーの試合で行くことができて、とても感謝している」と語っている。

 だが、問題は次の発言だ。

「自分は正直話しますが、私も盗聴された。とても不思議だった。(ホテルの)部屋でカーテンを開けて、窓を開けて外を見ていたんです。お昼ご飯を食べて戻ったら、カーテンが開かないようになっていたんです。それに少し驚いた」

 この状況についてクォン・ギョンウォンは、より詳しくこう説明している。

「カーテンが開かないようにリングに強くかけられていたんです。自分たちの周りに人がいたのか分からないけれども……。とりあえず、ルームメートの(キム・)ヨングォン先輩とお互いに言葉に気をつけた」

平壌での試合は「いろいろとしんどかったが…」

 つまり、窓の外を眺めながら、お互いに目の前に広がる光景について話している内容が盗聴された結果、窓の外を見られないようにカーテンが開けられないようになった、というわけだ。

 実際のところは盗聴だったかどうかは分からないが、奇妙な体験をしたことを正直に話していた。

 韓国は来年6月にホーム北朝鮮を迎え撃つが、クォン・ギョンウォンは「いろいろとしんどかったが、だからといって同じようなことをするよりも、ピッチの中での試合内容で圧倒したい」と語っている。

 いずれにしても北朝鮮との第1戦で引き分けた韓国にとっては、次の試合で勝つことが何より求められているのは言うまでもないだろう。(Football ZONE web編集部)

異様な空気で行われた南北対決【写真:Getty Images】