GoPro(ゴープロ)は、アクションカメラGoPro HERO8 Black」「GoPro MAX」2モデル2019年10月25日に発売する。

3つのカメラを1台にしたような「GoPro MAX」

折り畳み式のマウントフィンガーを内蔵したフレームレスデザインなどを採用し、さらなる軽量化を図った。

バージョンから性能が向上したという、全ての解像度フレームレートで使用できるビデオ安定化機能「HyperSmooth 2.0」を搭載。スマートフォンアプリ内で操作できる水平維持機構「ホライゾンレベリング」などを備える。

自動でレートを調整する機能や、タップ操作による速度変化などが楽しめる「TimeWarp 2.0」を新搭載。簡単に画角が選択できる4つのデジタルレンズウィンノイズ低減を強化したオーディオ機能を備える。

また、オーディオを強化できる「メディアモジュラー」、ユーザー側に向けられる「ディスプレイモジュラー」、強力な「ライトモジュラー」といった別売アクセサリーも投入予定だという。

価格は5万5880円(税込)

デュアルレンズを搭載した「GoPro MAX」は、防水シングルレンズカメラ360カメラユーザー側に向けられるディスプレーショットガンマイクを備えたVlogカメラ、3つのカメラを1台にしたような性能を備えるという。

ビデオ安定化機能「Max HyperSmooth」に加え、360度映像を通常のビデオ映像に素早く切り替えられる「リフレーム」などの機能を搭載する。

価格は6万7100円(同)。<J-CASTトレンド>

撮影シーンに応じて選べる2モデルを用意