川崎フロンターレは22日、DF馬渡和彰の負傷を発表した。

クラブの発表によると、馬渡は9日に行われたJリーグYBCヴァンカップ準決勝第1戦の鹿島アントラーズ戦で負傷したとのこと。馬渡は先発するも、37分に山村和也と交代していた。

なお、馬渡は左ヒザ外側半月板損傷と診断され、17日に川崎市内の病院で手術。全治は約3カ月とのことだ。

馬渡はサンフレッチェ広島から今シーズン加入。明治安田生命J1リーグでは13試合に出場し1ゴールを記録していた。

サムネイル画像