最近、周囲で「いい感じでメールしていて次の日に会う約束までしていたのに、パタッとメールがこなくなった。それから音信不通」というような状況になってしまう女子が急増中。いわゆる「フェードアウト男子」に頭を抱えているのです。「メールが返ってこない」という悩みを抱えるのは、多くの場合、女子のような気がしますが、なぜなのでしょう。
男子がメールを返さない本当の理由、聞いてみました!




■好きだからこそ、考えすぎてしまうのです
「『返信が早すぎるのもなぁ』『やりとりしすぎて、がっついてると思われたらどうしよう』とか、本気で好きなゆえに、真剣に悩んでいる男も多いのでは」(28歳/営業)
「相手のメールが短文になってくると『忙しいのでは?』『このままメールをしてもメリットないんじゃないかな?』 と先を読んでしまう」(25歳/広告)
「好きな子にていねいにメールを返そうとして時間がかかり、返すタイミングを失ってしまった経験がある」(27歳/営業)


いわゆる“草食男子”的意見とでも言いましょうか。恋愛に対して、わりと臆病な人に多い意見に思えます。その「好きだからこそ」が、相手にどれだけ伝わっているかは疑問ですね。


■“駆け引き”を楽しみ、相手の気を惹く
「相手をわざと不安にさせたいときは、返信を一度止めたりする」(24歳/IT)
「『返事こないなー』と思わせ、相手の心に強くイメージを焼きつけることができる。あまり多用すると逆効果ですが」(25歳/製造)
メールを返さないのは、相手を焦らすための戦略的なもの。時間を置いてからメールして、即レスだったら脈ありだと考えるようにしている」(23歳/営業)
「職場や仕事関係の人の場合、次の日の会話のきっかけにする。『ゴメン、昨日メール返せなくて……。昨日の続きなんだけど、お茶でもどう?』みたいな」(29歳/営業)


女性以上に計算高い男性が存在するとは! 思わず「なるほどー!」と言いたくなるような“駆け引き”テクニック。男性もいろいろ考えているんですね。


■「忘れてしまった」「タイミングが悪い」要は優先順位が低いってこと……?
メールを確認したときがほかの作業の途中だったりすると、あとで返そうと思い、そのまま忘れることがある。メールがたくさん届いていると優先順位の高いメールから返すので、何通か返信を忘れることも」(25歳/販売)
「『クレープ食べておいしかった』とか個人的な感想だけのメールには、正直何て返したらいいのかわからない。好きな子じゃないと返信しないし、好きな子であったとしても返信に困る」(25歳/制作)
「しょっちゅう携帯をチェックするわけじゃないので気づかないことがある。『今何してる?』ってメールが数時間前に来ていても、もう『今』じゃないので返さない」(29歳/企画)
「恋愛よりも熱くなることができたので、メールを返さなかった」(30歳/営業)


行間から「返信が面倒くさかった」という意識が読み取れる回答がコチラ。要はあんまり気持ちがないってこと……ですか(泣)。


それぞれの生活スタイルがあるように、メールの返信に対する意識もさまざま。……わかってはいるけれど、返信がないとついつい深読みしてしまいますよね。ひと言でもいいから、返信を! 返信なしに悩む女子を代表して、声を大にして言いたいと思います。


(橋本範子+プレスラボ)