佐藤二朗(画像は佐藤二朗Twitterスクリーンショット

俳優・佐藤二朗が21日に自身のツイッターを更新。ツイッター上でショック受けた話を明かした。

■エゴサーチした結果

自身についてエゴサーチをしていたという佐藤。すると、とある女性ユーザーが俳優の菅田将暉と付き合う夢を見て「夢のような夢でした」という喜びのツイートしていたのを発見する。その後、別の女性ユーザーが佐藤と付き合う夢を見て「割と悪夢でしんどい」とつぶやいていたという。

仮にも、同じ芸能の世界で活躍している二人。同じ状況でも、こうも感想が異なることを受けて「用もないのにエゴサはするもんじゃないなと痛感している」とエゴサーチを後悔した。

関連記事:蜷川実花、エゴサについて言及 ネットニュースには「なんかはずっ」

■ファンの反応は…

日々、脱力系のウィットに富んだ投稿をすることが多い佐藤。今回の自虐投稿も、ファンの心をがっつり掴んだようで3万件以上の「いいね」が付けられていた。

また、「私なら佐藤二朗さんが夢に出てきてくれたら嬉しすぎます!」といった励ましのコメントも寄せられている。中には「二朗さんのエゴサに見つけられたい」といった声もちらほらとみられた。

■エゴサをして後悔したことはある?

エゴサをすると、自分の悪評を見つけて気落ちしてしまうケースも珍しくない。しらべぇ編集部が全国20~60代のエゴサーチ経験のある男女378名を対象に調査したところ、エゴサした結果を見て「後悔したことがある」と答えたのは全体の13.5%と判明している。

エゴサーチと後悔

予想外コメントを見てしまい後悔した佐藤。しばらくはエゴサーチを控えるのかもしれない。

・合わせて読みたい→河野太郎防衛相に絵文字でツイート まさかの返信に反響

(文/しらべぇ編集部・ステさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2015年3月20日2015年3月23日
対象:全国20~60代のエゴサーチ経験のある男女378名(有効回答数)

佐藤二朗、女性のツイートを見て後悔 「エゴサはするもんじゃないな…」