YouTubeは誰もが動画投稿を行えるものだけに、TVや舞台そして営業など、芸能人としての仕事がない人間が活躍の場を求めてチャンネルを開設するケースもある。しかし、そんな人間も成功するとは限らない。

 元芸能人がYouTuberとなり、不祥事を起こしてしまうケース2017年に発生している。問題を起こしたのは、吉本興業で「バッチグー」というコンビライブに出演していた「モックン」という人物。芸人ならば話芸で人を惹きつけるべきだが、この男は犯罪行為を動画にして、視聴数を稼いでいた。

 中でも大炎上したのが、「パン屋さんで精算前にパンを食べる」という動画。モックンなる人物は、「後からお金を払えば大丈夫」と豪語し、精算前にバクバクとクリームパンを食べる。

 撮影者がゲラゲラ笑う中、モックンなる人物はトレイになにも載せずに会計へ。店員の高齢女性が戸惑う中、「美味しっすね」とお金を渡した。このケースは店員が高齢女性だったため、逆に「美味しかった?」などと聞き、警察に通報するようなことはなかった。

 さらに、モックンなる人物はスーパーでも精算前のパンを食べ、同じようにビニールだけをレジに持っていき、「チャレンジ成功」と笑った。この動画は「普通に犯罪」「万引き行為だろ」などと炎上。そのほかにも「他人に迷惑を掛ける」動画を投稿し続け、怒りの声が相次ぎ、「モックンチャンネル」に動画が投稿されることはなくなってしまった。

 モックンなる人物は2019年9月、友人のYouTubeチャンネルに出演。炎上について、「チャンネルが駄目になったので編集などを勉強している」「逮捕はされてない」「店に謝罪に行った」と話し、「視聴者様と関係者様にご迷惑をおかけしました」「不快な思いをさせて反省している」「迷惑を掛けることは気をつけたい」ともコメント

 炎上後、スタッフが離れていったそうで、何もできないため動画が別のチャンネルで撮影から編集を学び、「モックンチャンネルを復活させていきたい」と意気込んでいる。現在のところは、反省しているようだ。

 過ちを経験したモックンチャンネル。今後もし復活するのなら、他人を不愉快にさせる内容は控えてもらいたいものだ。

画像はイメージです