「殲20」がミサイルを搭載して低空飛行し、「運20」が大きく旋回し、「殲10」アクロバット機が青空に舞って力の美を見せ、国産地対空ミサイル「紅旗9B」と「紅旗22」が巍然として屹立する。人民空軍創設70周年祝賀航空公開イベントでは連日にわたり民衆多数が空軍の力と航空宇宙文化を全方向的に感じてきた。
19日の航空公開イベント記者会見で空軍報道官と空軍機関・空挺兵某軍の担当者は公開イベントの「第一現場」から見えてくる強国興軍の新たな航跡について解説した。新華社が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集/NA)



その他の写真
「殲20」がミサイルを搭載して低空飛行し、「運20」が大きく旋回し、「殲10」アクロバット機が青空に舞って力の美を見せ、国産地対空ミサイル「紅旗9B」と「紅旗22」が巍然として屹立する。