企業がよく新卒採用で、人を選ぶ基準としてあげる「コミュニケーション能力」。2018年の調査では実に82.4%もの企業が「選考時に重視する要素」として挙げ、16年連続で1位になっているなど、よく聞く言葉ではありますが、曖昧な概念のような印象も受けます(*:日本経済団体連合会2018年度 新卒採用に関するアンケート調査」)。

【その他の画像】

 前回の記事「滝沢秀明ジャニー喜多川の「後継者」となった理由 」で紹介したように、ジャニー喜多川は以前、10代の滝沢秀明にこう諭したことがあるといいます。「ユーに10あげるから、1返しなさい」。滝沢はこう振り返ります。

 「それは、Jr.がテレビ局の人に挨拶(あいさつ)をしなくて、ジャニーさんに怒られたときの言葉なんです。チャンスや環境、すべてを与える。挨拶は1だ。だから最低限、挨拶はしろって」(*:「MyoJo2015年5月号)

 この言葉を彼らが順守してきたことの証拠であるかのように、ジャニーズタレントたちの現場での振る舞いが素晴らしかったというエピソードは枚挙に暇がありません。“努力の天才たち”であるジャニーズタレントに、仕事術を学ぶ『ジャニーズは努力が9割』(新潮新書)。本書では、16人のジャニーズタレントのさまざまな努力のかたちを紹介していますが、特にコミュニケーション技術への工夫が見られるのが、TOKIO国分太一とV6の井ノ原快彦です。

 ともにグループのCDデビュー時は一番人気とはいい難かったものの、その後、日本の朝の顔にまで上り詰めた、名司会者である2人に、ジャニーズ流・コミュニケーション術を学びます。「コミュニケーション能力」という言葉の実態がこの2人の中にあるはずです。

ジャニーズ史上最も売れた男

 国分太一は、“ジャニーズ史上最も売れた男”と言っても過言ではありません。『タレント 番組出演本数ランキング』では、14年から5年連続で1位を獲得しています。18年は年間番組出演本数663本。ジャニーズどころか全タレントの中で最多の出演本数です(*:ニホンモニター2018タレント番組出演本数ランキング」)。

 NHKと民放キー局全てで同時にレギュラー番組を持つという快挙を遂げたのが08年。これは、中居正広でも達成していない偉業です。もちろん、CDの売り上げ、舞台の出演本数など、何をもって“売れた”とするかはさまざまですが、少なくともテレビタレントとしてはかなりお茶の間に浸透したジャニーズであることは間違いありません。

 国分のことを「撮影現場でいちばん気を配っている」(*:「女性自身」2014年5月27 日号)と評するのは、テレビ東京系男子ごはん』で共演している料理研究家の栗原心平。国分自身も「心がけてるのは、周りの人たちがいつも笑っていられること(*:「MORE」2008年1月号)」と語っています。そんな国分の哲学がつまっているともいえるのがこのコメントです。

 「知らない人と目が合ったら、とりあえず『こんにちは』って先に言う。人と触れあえれば、どうやっても生きていけると思うんです。この業界やめても、どんな田舎に住んでも。自信はある(笑)」(*:「MORE」2008年1月号)

 誰にでも自分からあいさつをする、とはタレントらしからぬ、と言ってもいい腰の低さです。

 もちろん、最初からそうだったわけではなく、20代の頃は尖(とが)っていて「人の注意は一切聞かなかった」(*:「STORY2013年5月号)「周りの声も聞かずにただ必死だった 」(*:「MORE」2008年1月号)「タレントが1番だっていう気持ちもあった」(*:「MORE」2008年1月号)と振り返っています。しかし「そうじゃないと気づいてからはひとつひとつの出会いが自分を変えていった」(*:「MORE」2008年1月号))のです。

 その変化のきっかけの最たるものが、テレビ朝日系列で05年から約4年にわたって放映された人気番組『オーラの泉』で共演した、美輪明宏と江原啓之との出会いです。

●国分がこだわる“さらけ出す”姿勢

 スピリチュアル的なものを扱う番組ですが、レギュラー放送開始直後は、国分は半信半疑の状態が続いていたといいます。

 局内のエレベーターで3人になったときに、美輪と江原に「あなた、まだ信じてないでしょ」と言われ、「やばい。感づかれた」と焦ったそうです 。しかし、続けていくうちに「目に見えないことだって、あるんじゃないか」と感じ始め、「それを否定しながら生きていたら、本当はもっと楽しいことがあるのに、気づかないまま人生が終わってしまい、損をすることになると思うようになった(*:「新潮45」別冊『江原啓之編集長KO・NO・YO』(2007年11月)」のです。

 最終的には「人との出逢いは必然」と感じるようになり、美輪明宏にも「あなた、目が変わった(*:「女性自身」2009年4月7日号)」と言われるほどに変化します。『オーラの泉』は4年で終了しますが、この番組を経て、国分の冠番組は一気に増加していきます。

 その筆頭とも言えるのが、『すぽると!』をはじめとするスポーツ番組や、オリンピックメインキャスターといったプロに話を聞く仕事。聞き手として国分は、“さらけ出す”姿勢を大事にしています。「こいつバカだなって思われたほうが聞ける話もある。僕はこういうキャラってわかってもらうことが肝心(*:「STORY2013年5月号)」と、その低姿勢っぷりは取材でも変わりません。

 「大いに恥をかきたいです。『なんですか?』『わからない』と言える強みというか、知らないことは知らないという姿でいるほうが気持ちがいいじゃないですか(*:「女性自身」2014年5月27日号 )」と語り、自らを“後輩肌”とも(*:「女性自身」2016年3月1日号)。

 低姿勢だからこそ聞き出せた話を、自分の中に日々取り入れていっているのです。恥をかくことを恐れ、自分を大きく見せることに注力する人も多い一方で、長い目で見て本当に自分が成長するためには、先に自分を下げてみるのが国分流。一見、強そうに見えるのは上から出てくる人かもしれませんが、本当に強いのは、国分のように、自分を下げる勇気のある人なのかもしれません。

 16年には、女児が誕生した国分。出産に立ち会い、長女と初対面したときに思わずかけた言葉も「こんにちは」だったそうです(*:TBS「白熱ライブ ビビット2016年11月1日放送)。

●V6の井ノ原快彦の“嫌われない覚悟”

 次に、V6の井ノ原快彦について見ていきましょう。

 「そんな暗かったら誰も話したくないよ(*:「テレビブロス」2015年5月23日号)」

 入所した頃に、そうジャニー喜多川に怒られたという井ノ原快彦。8年間務めたNHKあさイチ』で見せた朝の顔としての笑顔のイメージからは想像もつきません。そう考えると、“明るい人”もまた“生まれるもの”ではなく、“なるもの”なのかもしれません。

 現在の井ノ原の笑顔の根底にあるのが、人への敏感なアンテナです。自らは「潔癖症(*:「ステラ」14年4月18日号 )」、有働由美子は「人の痛みを感じるセンサーみたいなものが敏感 (*4:「女性自身」2014年1月28日号)」と評するそれは、ある種、徹底的なまでの“嫌われない覚悟”と言い換えてもいいかもしれません。

 そんな井ノ原の“嫌われない覚悟”を生み出す姿勢は、大きく3つの要素に分けられます。

(1)知識よりも気持ちを重視

(2)努力は“相手のため”にする

(3)相手を絶対に否定しない

 まずは「(1)知識よりも気持ちを重視」です。井ノ原の代表的な仕事と言えば、10年から8年間にわたって務めたNHKの『あさイチ』のキャスター。実はこの番組で、井ノ原が喋るコメントは全てアドリブ。それどころか、VTRが終わったあとに、誰がコメントするのかも、直前にカンペで知らされたのだといいます(*:「女性セブン2014年8月21日・28日合併号)。

 大事にしているのは「何も知らないので教えて下さい」というスタンス。「知らないことを恐れるのではなく、教えてくれる人が周りにいっぱいいる状況をつくることがコミュニケーションの近道(*:「日経おとなのOFF2014年6月号)」だと語ります。

 逆に、視聴者が知らないであろうことにも敏感です。例えば、こんな気遣いも。

 「『坂本くんがさ』とか突然話しても『どこの坂本くん?』って言われちゃうから、毎回『僕V6っていうグループをやっているんですが、そのリーダーに坂本っていうのがいましてね』ってちゃんと説明するようにしているんです(*:「テレビブロス」2015年5月23日号)」と、V6ほどの人気グループメンバーでありながら、知らない人がいることを前提に話をします。

 「っていう」という言葉を使ってちゃんと説明できるのは、他者への想像力がある証拠。V6を知らない相手の気持ちを慮(おもんぱか)って、優しい想像力を働かせ言葉を選びます。「知らないことがあってもいいと思うんです。それよりも、人の気持ちを考えないことのほうが罪だから(*:「テレビブロス」2015年5月23日号)」と語るように、井ノ原は、自分に知識がないことは恥じませんが、相手に失礼がないようにすることには徹底的に力を尽くします。

 それが「(2)努力は“相手のため”にする」です。例えば『あさイチ』で週に一度ゲストを招いてトークするコーナーでは、1週間ほどかけて、ゲストの作品に目を通すといいます(*:「日経おとなのOFF2014年6月号)。もともとは、前日に打ち合わせをし、資料をもらっていたのが、それでも時間が足りないという井ノ原の申し出により、1週間前に渡してもらうことにしたそうです(*:「女性自身」2014年1月28日号)。資料を読み込んで知識を入れるのは、相手を不快にさせないため(*:「女性自身」2014年1月28日号)。

●空気を壊さない「潔癖症」

 相手に真摯に接する姿勢は、女性との接し方でも共通です。

 「褒めるときも本気じゃないとすぐバレるとか(笑)、いろいろわかってきましたね。だから、本気で褒めるために、女性に限らずですけど、その人にちゃんと興味を持って、いいところを探すようにしてます(*:「saita」2013年10月号)」

 逆に自分が話を聞かれる立場になる時には、質問する側が少々失礼でも、井ノ原は空気を壊しません。例えば新作の映画の公開時には、取材日が設けられるのが通例。その日は一日中、いろいろなメディアのインタビュアーに同じ質問をされ続けることも。それでも井ノ原は「待ってました、その質問」といってインタビュアーのテンションを上げるそうです(*:「日経おとなのOFF2014年6月号)。

 「1回口に出すと、結構言えるもんですよ。すると、『言霊』じゃないですが、言葉によって自分の気分が上がり、相手も愛情を持って話してくれる。結果的に僕もうれしくなる(*:「日経おとなのOFF2014年6月号)」

 「結果的に自分のためにもなる」とはいえ、「待ってました、その質問」と半分ウソをついてまで、場の空気を良くしようとするのは、徹底しています。本人も自覚はあるようで「たぶん僕、自分の周りの人が1人でも居心地悪そうにしていたり、苦しんでいるという場に対する潔癖症(*:「ステラ2014年4月18日号)」と自称します。

 『あさイチ』で井ノ原とともに、番組を引っ張った有働由美子アナウンサーも「イノッチは、私のことも含めて、ゲストをどう立てようかということに全神経が向いているし、人の痛みを感じるセンサーみたいなものが敏感(*:「女性自身」2014年1月28日号)」と評します。

 そんな井ノ原の対人コミュニケーション技術の最たるものが、「(3)相手を絶対に否定しない」です。

 「人間って、否定癖がある気がするんですよ。『否定』は、俺のやり方は正しいっていう自信から来ますよね。でも否定すると、相手から『いや違う』ってさらに否定が来てお互いに自信を失う。それだと、コミュニケーションが成り立たないですよね。まず、『いいね、それもありだね』と言えば、コミュニケーションが成り立って、『でもそうすると損だよ』と続けられる(*:「日経おとなのOFF2014年6月号)」

 まずは何でも肯定から入るという姿勢。これがいきすぎて仕事の打ち合わせでは、「そろそろ否定してもらってもいいですか?」と言われるほど「肯定マン」になってしまうこともあるようですが(*:「日経おとなのOFF2014年6月号)、だからこそ、ゲストにもスタッフにも嫌われない井ノ原快彦でいられるのでしょう。逆の言い方をすれば、自分が否定されないためには、相手を否定しないことが一番の近道、ということかもしれません。

●繊細な人ほど、人を傷つけない振る舞いができる

 人を傷つけないことに徹底的になれるのは、自分も傷つきやすいから。繊細な人ほど、人を傷つけない振る舞いができる、とも言えます。まずは自分で自分を喜ばせることで、相手を喜ばせるコミュニケーションをする余裕ができる。

 入所から約30年。暗いと怒られた少年が、日本人の日常として周囲を明るく照らせるようになるまでの日々は、人への敏感なアンテナをより研ぎすませていった時間だったのかもしれません。 “人を動かす”には、まず“人に好かれる”ことから。その他のジャニーズタレントたちの“人を動かす”技術は、『ジャニーズは努力が9割』(新潮新書)をご覧ください。

(『ジャニーズは努力が9割』著者 霜田明寛)

国分太一と井ノ原快彦はいかにしてコミュニケーション術を身に付けたのか?