ハロウィンで多くの人が集まる東京・渋谷。バーガーキングでは10月20日に緊急閉店した渋谷センター街店跡地に、“世界唯一”のゾンビ向け店舗「バーガーキング SHIBUYA GHOST STORE」を2019年10月23日に期間限定オープンさせました。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 死者の霊が家族を訪ねてくるという、日本のお盆にも似たケルト人の民間信仰に端を発するハロウィン。日本ではすっかりコスプレ祭りとして定着し、特に渋谷では多くの人で賑わい、駅前のスクランブル交差点が大混乱になるほど

 渋谷にあるバーガーキング渋谷センター街店は、10月20日にそのイベント対策のため緊急閉店。名物バーガーのWHOPPER(ワッパー)を楽しむファンを落胆させていました。

 ところが10月23日、渋谷センター街店跡地にゾンビ向け店舗「バーガーキング SHIBUYA GHOST STORE」が期間限定オープン。お腹をすかせたゾンビのために、限定商品のGHOST WHOPPERとドリンクコンビメニューを特別価格の500円(税込)で提供します。

 GHOST WHOPPERは、ゴーストイメージしたオリジナルホワイトバンズに、直火焼きで丁寧に焼き上げた100%ビーフパティ、チェダーチーズ、フレッシュレタストマト、スライスオニオンピクルスケチャップ、クリーミーなマヨネーズを挟んだ品。ここSHIBUYA GHOST STOREでしか食べられません。

 店内はゾンビたちを迎えるにふさわしく、本格的な廃墟空間が再現。ガラスは割れ、レンガは崩れ落ち、腐敗した壁……といった不気味な雰囲気です。


 怪しく伸びるツタを辿りつつ階段で2階に上がると、ゾンビが暴れた形跡がいたるところに。クモの巣が張るフロアの奥には、ゾンビを隔離する部屋まであります



 10月23日、25日、26日、31日には、店内に本格的なゾンビが登場。より不気味な雰囲気の中、GHOST WHOPPERを楽しめます。

 バーガーキング SHIBUYA GHOST STOREがオープンしているのは、10月23日10時10月31日29時(11月1日5時)まで。死者がうごめくハロウィンの夜が明けるとともに閉店します。また、バーガーキングでは、これではまだお腹をすかせたゾンビたちが満足できない可能性があるため、さらなる対策も検討しているとのこと。どんな対策が用意されるのか、注目です。

情報提供:株式会社ビーケージャパンホールディングス

(咲村珠樹)

バーガーキング渋谷センター街店が「ゾンビ向け店舗」に 限定商品も提供