2019年湖南張家界黄石寨高空スラックライン国際対抗大会が20日、湖南省張家界市の武陵源景勝地で行われた。新華網が伝えた。
スラックライン」は綱渡りに似たスポーツで、今回の競技は黄石寨の観光スポット「仙女献花」と「猴師点兵」との間にベルト状の綱を渡して行われた。標高1092メートルの黄石寨の頂は四方が断崖絶壁で、見ているだけでも恐ろしくなる。2本の細いベルト状の綱が空中での競技の舞台になった。中国、米国、ドイツフランスカナダスラックラインの名人10人が、絶壁の間でスリル満点の技を披露した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)



その他の写真
2019年湖南張家界黄石寨高空スラックライン国際対抗大会が20日、湖南省張家界市の武陵源景勝地で行われた。