IoT-EX社は、アメリカ合衆国のRed Herring社が、アジアのすぐれた技術を持つベンチャー企業100社に贈る『2019 Red Herring Top 100 Asia Winner』を受賞しました。
 異なる企業が提供するモノやサービスを安全に接続し、連携を可能にするIoT-EX株式会社(アイオーティー・イー・エックス、以下:IoT-EX社)は本日、アメリカ合衆国のRed Herring社より、アジアのすぐれた技術を持つベンチャー企業100社に贈られる『2019 Red Herring Top 100 Asia Winner』を受賞したことをお知らせいたします。
以下、Red Herring社からのリリース内容です。(和訳)
−−−
2019年10月10日 :タイ、バンコク − Red Herringは本日、アジア地区の各事業分野における先進的なベンチャー企業を『2019 Red Herring Top 100 Asia Winner』として表彰し、これらの企業の革新性と技術を讃えます。

 『Red Herring Top 100 Asia』は、類まれな起業家と有望なベンチャー企業に与えられる賞です。1996年以来アジアでは毎年、Red Herringが注目する有望な約1000社のベンチャー企業約の中から選ばれた企業が表彰されています。Red Herringは、Google、Facebook、Kakao、Alibaba、Twitter、Rakuten、Salesforce.com、Xiaomi、YouTubeといった企業が、我々の生活やビジネスに大きな影響を与えるといち早く評価して表彰してきました。

 Red Herringの出版者兼CEOであるAlex Vieux(アレックス・ヴュー)氏は次のように述べています。「2019年の選考は、これまでと同様とても難しいものでした。起業の初期段階から大規模に成長した段階にある様々な企業に見られた、多様性、奥深さ、破壊力、および牽引力により、2019年はとくに優れた年になりました。アジアの受賞者は、絶えず驚きを与えるエコシステムの代表であり、新しい起業家達や経験豊富な起業家達が障壁を押しのけて革新し続けています。」

 さらに「私を最もワクワクさせたのは、ハイテク分野と最先端分野において、多数の人々がニッチを産み出していることでした。今回のカンファレンスで発表された魔法のような技術や最高級のビジネスモデルのいくつかは、学ぶに値する素晴らしいものでした。 IoT-EX社は、技術を成長させる意欲、スキル、情熱を体現していると考えています。非常に厳しい競争を勝ち抜いたIoT-EX社は、その成果を誇りに思って下さい。」と、Vieux氏は述べています。

 Red Herringは、財務パフォーマンス、技術革新、知的財産、創業者達のDNA、ビジネスモデル、カスタマーベース、普及率などの定量的および定性的要素を元に企業選考をしています。Red Herringの将来性に関わる評価は同業他社と比較したスタートアップ時の実績やポジショニングの評価により裏付けされていますが、これによりRed Herringに選定された企業の一覧は単なる「話題」を超え、アジアにおいて最も有望な新しいビジネスモデルを作った企業を発見し支援するためにとても重要なものとなっています。

 Red Herringは、世界中の優れたハイテクイノベーター、ベンチャー投資家および業界リーダーを結びつけるグローバルメディア企業として知られており、雑誌の刊行、オンラインニュース、世界のテクノロジーリーダー達が集まるイベント等を開催しています。Red Herringは、新しく革新的なテクノロジーを持った企業や起業家を発掘し、インサイダーの見解とグローバルな革新的経済への道を開きます。

 Red Herringは、IoT-EX社の成功と革新を継続的に支援します。
−−−

『2019 Red Herring Top 100 Asia Winner』の受賞企業一覧は、こちらをご覧ください。
https://www.redherring.com/2019-red-herring-top-100-asia-winners/

IoT-EX株式会社について
IoT-EX株式会社は、異なる企業が提供するモノやサービスを安全に接続し、連携を可能にするIoT相互接続サービス(IoT-EX)を提供する届出電気通信事業者です。( URL : www.iot-ex.co.jp

※IoT-EXは、IoT-EX株式会社の商標または登録商標です。
※記載の会社名および製品名、サービス名称等は、各社の登録商標および商標です。

配信元企業:IoT-EX株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ