リル・ナズ・Xの「オールド・タウンロードfeat.ビリー・レイ・サイラス」が、全米でセールスとストリーミングのイクィヴァレント(等価)・ユニットの合計が1,000万を突破し、アメリカレコード協会(RIAA)によりダイヤモンド認定された。

 2019年ダイアモンド認定された楽曲は、「オールド・タウンロード」が初となっており、歴代最速でこの快挙を成し遂げた。2018年12月リリースされた同曲は、今年7月に米ビルボードソング・チャート“Hot 100”で19週連続No.1を獲得し、歴代最長となる首位記録を樹立した。

 先日、米ビルボード誌の表紙を飾った彼は、活動を開始して間もなく世界的大ヒットを生み出したことについて「キャリアを築き上げているアーティストとして、これ以外にも様々な瞬間を作り続けなければならないことはわかっている」と語り、「別にそれに対して僕がうんざりするとかはないよ。公の場で、写真を一緒にとって欲しいと言われた時に“え、(ウェスタン)帽子被ってないの?”って言われることはあるかもしれないけど」と話していた。

リル・ナズ・Xの「オールド・タウン・ロード」、米レコード協会によって最速でダイアモンド認定をうけた楽曲に