Mozilla10月22日 (現地時間)、WebブラウザFirefox 70」の安定版の提供を開始した。トラッキング防止機能やパスワード管理機能を強化、プライバシー保護レポートを追加した。

Mozillaは、プライバシー保護を中心に、そして前面に押し出すようにFirefoxの改革を進めている。Firefox 70では、「強化型トラッキング防止機能」の「標準」設定に「ソーシャルメディアトラッカー」が加わった。FacebookTwitterLinkedInといったソーシャルメディアサイトクロスサイトトラッキングCookieブロックする。

パスワード管理機能「Firefox LockWise」は、新たに安全なパスワードの生成をサポートする。Webサイトアカウントを作成する際に、Lockwiseパスワードの生成を提案。Lockwiseが生成したパスワードは自動的にLockwiseアカウントに保存される。また、Lockwiseダッシュボードが改善された。Lockwise専用のタブページで、管理しているログイン情報の検索、ソート、編集や新しいログイン情報の作成などを行える。

Lockwiseパスワードを管理しているWebサイトログインする際には、ログイン情報の入力ボックスで右クリックして「パスワードを入力」を選ぶと直接Lockwiseの情報にアクセスできる。Lockwiseで管理するログイン情報は、クラウド同期によって他のデスクトップ版やモバイルアプリ版 (iOSAndroid)でも利用できる。

Mozillaによると、強化型トラッキング防止機能によって7月からこれまでに450億件以上のトラッキング要求をブロックしてきた。同機能をオンにしてもユーザーはトラッキング防止の効果を実感しにくい。そこで「プライバシー保護」報告を用意した。URLボックスの盾ボタンクリックして表示されるメニューの「報告を表示」、または右上のハンバーガーボタンの「プライバシー保護」からアクセスする。報告ページでは、追跡ブロックの状況をグラフで視覚的に確認できるほか、Firefox Lockwiseデータ漏洩を警告するサービスFirefox Monitorに関するレポートもチェックできる。

パフォーマンスの調整も行われた。Javascript Baseline Interpreterの高速化によって、コードベースが大きなモダンWebサイトにおいてロード性能が最大8%向上。Windows版でWebRenderのロールアウトを拡大、Compositorの改善でmacOS版の効率性と速度が上昇するなど、多くのWebサイトパフォーマンスが向上する。
(Yoichi Yamashita)

画像提供:マイナビニュース