balloons-1869790_640_e

Pexels/pixabay

 衛生に関する意識の高い日本では、温水洗浄便座ウォシュレットなど)の普及により、おしりの衛生度が他国より一歩リードしていると言えるだろう。お尻だって洗って欲しいことを学んでいるからだ。

 トイレットペーパーでお尻を拭くのにもスキルがいる。それは子供のうちからきちんと学んでおくことで習慣化していくのだ。

 ではどのように指導すればいいのだろうか?昔なら実際に子供たちにやってもらうこともできただろうが、今はいろいろNG規制がかかっている。

 そこである女性教師は、お尻の代用として2つの風船を椅子の後ろにつけ、子供たちにその拭き方を教えることにしたようだ。この動画がツイッターで拡散され、大きな反響を呼んだ。

―あわせて読みたい―

あなたは洗う派、それとも洗わない派?ジーンズ洗濯するしない問題で海外ツイッター民が盛り上がる
ドーナツ店でトイレの使用を断られた女性、レジ前でうんちっち、でそれを店員に投げつける(カナダ)
子どものやることだから?母親がプロポーズされてる最中にズボンをおろし、ひとりで放尿しちまった3歳の男の子(アメリカ)
汚れた便器に触る映像を何度も見ることで潔癖症が緩和するという研究結果(英研究)
「生の鶏肉を調理前に洗わないで!」アメリカの農務省が警告。その理由は細菌が飛び散るから。

園児を前に、お尻の拭き方を教室で指導する先生

 10月10日ツイッターアカウントjamieさんは、「アメリカの学校じゃ、先生は必要なスキルを教えてくれない」というツイートと共に、創造的で革新的な女性教師が子供たちの前で、2つの風船をお尻に見立てて拭き方の実演をしている動画を投稿した。


 女性教師は、片手にトイレットペーパーを持ち、前から後ろに向けて一度拭いた後、紙を折りたたんでもう一度拭いて見せており、幼い園児らに、風船を使って実践したトイレのエチケット指導は、実にわかりやすく最適だ。

 どこの国の映像かは不明だが、地域によっては衛生に対する意識が低いところもある。学校で教育することによりその意識を高めているのかもしれない。

wipe1_e


ツイッターでの反応は賛否両論


 大きな反響を呼んだこの投稿には、一部のユーザーから「トイレトレーニングなんていうのは自宅で親がすべきこと」と不快感を示す声が挙がった。

 だが多くの人からは「アメリカの学校でもきちんと指導をすべき」「学校でトイレのエチケットを教えることは非常に重要」などといった肯定的な声が寄せられた。

・正しくお尻を拭けない子供もいるから、先生によるこういう指導はいいと思う。

・家でどんなに教えられても、きちんとお尻を拭けない子供はたくさんいると思う。親に言われるより、先生に言われたら聞くっていう子供も多いから、いいことだと思うな。

・自分の子供たちがトイレトレーニングをしていた時に、こんなふうに幼稚園で指導してもらえたらよかったのに、って思ってしまった。

・まだ幼い子供たちにとって、お尻を上手に拭くのは結構なスキルが必要だよ。すごく良いアイデアだと思う。

・このやり方を家でも親が実践してみたらいいんじゃないかなトイレを風船でいっぱいにしたらトイレトレーニングも楽しそう!


wipe2_e

トイレについてオープンに話す機会を与えるのはいいこと


 この一件について、トイレトレーニングの第一人者および子供の行動の専門家であるアマンダ・ジェンナーさんは、次のように話している。

最初に、親が子供に自宅でトイレ指導をすることは非常に重要でが、子供たちが正しくそれを行うには、少し時間がかかるものです。

教師が、このような方法で子供たちにデモンストレーションすることに全く害はなく、子供たちはわかりやすい例の実践に実にうまく順応しています。

また、クラストイレ指導を行うことによって、私たちの身体的機能について、よりオープンに話すことができ、話すことは恥ずかしいことではないというメッセージを子供たちに伝えることにもなります。


 なお、この動画がどこの国で撮影されたものかは、明らかになっていない。だが、お尻の代わりに風船を使用するこの指導法は、子供たちの好奇心を刺激してくれると思うので、なかなか良いアイディアだと思う。

 我々大人の間でも、お尻は拭けても、そのあと手を洗わずにトイレから出てきてしまう問題というのがあって、その辺もこの先生にうまい方法で指導してほしいものだ。 

追記(2019/10/23)本文を一部修正して再送します。
written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52283789.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

インドネシアで発見された小型の人類「ホビット」は急速な進化を遂げていた
銃を学校に持ち込んだ生徒に対し、咄嗟に抱きしめることで悲劇を未然に防いだ教師(アメリカ)
医療費を払えずホームレスになった女性。その素晴らしい歌声がSNSで拡散され支援の輪が広がる(アメリカ)
脳の過剰な活動を抑えることで老化を遅らせることができる(米研究)
世界トップクラスの自転車競技選手が自身の脚の写真を公開。人体解剖図のような象徴的なふくらはぎに隠された真実

―動画の紹介記事―

崖登りヤギとはオイラのことさ!「アルプス・アイベックス」がほぼ垂直のダムの壁面を登る理由
我が子と会えた喜びに興奮を抑えきれないハスキーの父親とそれをたしなめる母親
どこかで聞いたことあるやつ!ワニの赤ちゃんの鳴き声がレトロなテレビゲームのシューティング音そっくりだった件(要音声)
銃を学校に持ち込んだ生徒に対し、咄嗟に抱きしめることで悲劇を未然に防いだ教師(アメリカ)
人間をやさしく抱きしめることができる。皮膚感覚を持つロボットが開発される(ドイツ研究)
風船2個をお尻に見立て、小さな子供たちにお尻の拭き方を指導する先生。そのアイデアに賛否両論あるもおおむね好評