株式会社PLAY(東京都渋谷区、代表取締役社長:黒田 和道、以下:PLAY)は、全ての企業の皆様によるライブ配信や動画コンテンツ制作を支援するために、「PLAY STUDIO」の提供を開始しました。

PLAY STUDIO ロゴ

PLAY STUDIO ロゴ

■概要

「PLAY STUDIO」は、セミナー・イベントライブ配信や動画コンテンツ制作・番組収録のための撮影など、様々な用途で利用可能なレンタルスタジオです。

撮影のためのテーブルチェアーグリーンバック、返しモニター、照明、インターネット回線、プリンターなどの設備を標準で備え、ビデオカメラビデオスイッチャー、マイク、業務用モニター、業務用レコーダー、各種コンバーター・スプリッターケーブルノートパソコンなど、ライブ配信や収録に必要な一連の撮影機材をオプションレンタル可能です。

また、専門のスタッフによるオペレーションや技術支援にも対応可能です。

PLAY STUDIO

PLAY STUDIO

■特長

・全てのサービスをワンストップで提供可能

スタジオ設備と撮影機材、専門スタッフによるライブ配信オペレーション、動画配信プラットフォームとテクニカルサポートなど、ライブ配信に係る全てのサービスをワンストップで提供可能です。

スタジオ設備のみ」、「スタジオ設備・撮影機材・専門スタッフ」など、ご要望に応じたサービスの選択も可能です。

・様々なライブ配信サービスと動画配信プラットフォームに対応

YouTube LiveFacebook Liveなど、様々なライブ配信サービスに対応しています。

また、動画配信プラットフォーム「ULIZA」( https://uliza.jp/site-top/productsandservices/ulizaliveflex/ )をはじめ、サードパーティの動画配信プラットフォームにも対応可能です。

・熟練した専門スタッフによるオペレーションと技術支援

スポーツイベントWebセミナーなど、様々なライブ配信や収録の経験を積んだ専門スタッフによるオペレーションや技術支援を提供可能です。専門スタッフを「PLAY STUDIO」以外の現場に派遣( https://uliza.jp/site-top/productsandservices/contentoperations/ )することも可能です。

・良好なアクセス

出演者・関係者の送迎や機材の搬入・搬出に便利な専用駐車場が附属します。渋谷駅から徒歩圏内の好立地に位置するため、公共交通機関でのアクセスも良好です。

その他詳細についてはこちら( https://studio.play.jp/ )をご覧ください。

株式会社PLAYについて

PLAYは2019年7月1日株式会社ロジックロジックとスキルアップビデオテクノロジー株式会社が合併して発足しました。事業理念として「最高の動画配信技術を、最高の品質で。」を掲げ、コンテンツを作り出す企業(コンテンツプロバイダ)とコンテンツの権利を持つ企業(コンテンツホルダ)の皆様に向けて、動画配信技術に関する課題解決サービスをご提供しています。詳しくは https://play.jp/ をご覧ください。

PLAY STUDIO