俳優の田中圭が23日、茨城空港で行われたテレビ朝日系ドラマおっさんずラブ-in the sky-』(11月2日スタート、毎週土曜23:15~)の記者会見に出席し、新シリーズへの抱負を語った。

シリーズでは"空"を舞台に、主演・田中はCAを、吉田鋼太郎はパイロットを演じる。そして千葉雄大戸次重幸も加わる。

田中は「『おっさんずラブ』の特徴というか、良い意味でその場で生まれたものをつむいでいくということを、新しい環境・キャストでやっています。新鮮で刺激的ですし、とても楽しいです」と撮影を振り返る。

吉田は「前回、田中圭くんと初めて共演させていただいて、なんて素晴らしい俳優なんだろうと思いました。また一緒にできることの喜びを日々かみしめながら、楽しくやっています」と語り、「素晴らしい作品にまたなる予感がしてますので、ぜひ楽しくご覧いただきたいです」とPRした。

また、今作でCAを演じる田中は「実際にこの間、飛行機に乗らせていただき、お客様と接するシーンを撮りました。でも、声をかけるタイミングやものを渡すタイミングとかが、すごく難しくて。いつもCAさんと当たり前のように接していたんですけど、今度からしっかり見習おうと思いました。本当に全部の職業は奥が深いなと思っています」としみじみ。

そして、「ドラマをみなさんに愛していただいて、劇場版もさせていただいて、今回新たな舞台を『おっさんずラブ』がくれました。1年半と違って、みなさんが『おっさんずラブ』という存在を知っているので、生半可なことはできないと、みんなで全力でつくっています」と述べ、「自分の体感ですけど、比べるものではありませんが、ちゃんと圧倒的にパワーアップしていると思ってます」と自信を見せた。

続けて田中は「自信をもって送り出せるものになっているので、その勢いを最後まで維持して、『おっさんずラブ』らしく全員で1つ1つ丁寧につくっていけたら。みなさんも毎週楽しみに応援していただけたらうれしいです」と呼びかけていた。

画像提供:マイナビニュース