吉本芸人の中から一般投票によって“男前芸人”と“ブサイク芸人”の1位を決めるファン投票企画「よしもと男前ブサイクランキング」が4年ぶりに復活。23日、都内で開催発表会見が行われ、イケメン芸人として人気のお笑いコンビEXITの兼近大樹が、男前1位を狙うと宣言した。

お笑い情報誌『マンスリーよしもと』で2000年スタートし、2015年まで毎年恒例のイベントとして展開されていた同企画。過去には、南海キャンディーズ山里亮太ブサイクランキング殿堂入りチュートリアル徳井義実が男前ランキング殿堂入りを果たすなど、この企画から人気を得た芸人も多く存在する。4年ぶりの開催となる今回は、殿堂入りした芸人たちも投票対象となる。

兼近は「僕が入らないとウソになっちゃう」と余裕の笑顔を見せ、MCを務めた陣内智則も「1位の匂いがしてくる」とコメントすると、「頑張りたいですね」と意気込み。イケメンと言われる心境を聞かれると「わかっていることをわざわざ言われているってことについては憤慨しています」と笑いを誘い、「顔が売りじゃない」とコメントした。

また、「最近めちゃめちゃモテる」と明かし、「ノンストップDM」とSNSダイレクトメッセージが続々と送られてくると告白。「イケメンだって言われ始めたのが2年前なんです。それまでは、おかっぱで裸芸をしていたので、たった2年でこんなもてはやされ方をして、人間って残酷だなって」と変化に驚いているようだ。

キャラ変が成功だったと思うか聞かれると「たぶん普通の社会で生きていたら大成功だと思うんですけど、この世界においては笑いの量は確実に減ったなと感じます」と芸人ならではの回答。相方のりんたろー。が顔でいじられると「こっちで笑いとるでしょ。俺が笑いで勝てることがないなと思うと、今回(賞金)100万円もらえるって言いますけど、不名誉な称号をもらえるから“すいません100万円”だなと思います」と言うも、「1位をとりたい」と意気込んだ。

りんたろー。も1位を狙うと宣言。ほかの芸人たちからツッコミが殺到したが、陣内は「今の人気だったら入ってくるかもしれない」と予想した。一方、陣内とともにMCを務めた山田菜々は「こんな顔が大きい人、見たことない」とブサイクランキング入りを予想し、りんたろー。は「照れてる。ユニットもやっているから、あえて言っている」と受け止め、笑いを誘った。

会見には、アインシュタインEXIT、おばたのお兄さんレインボー、そしてMCとして陣内智則山田菜々が登場。さらに3年連続でブサイク芸人1位となり殿堂入りを果たしたほんこんも登場した。

画像提供:マイナビニュース