Netflixの「アニメラインナップ発表会2019-2020」が10月23日秋葉原UDXシアターで行われた。「攻殻機動隊 SAC_2045」が2020年春に独占配信されることが明らかになり、ティザーPV&ビジュアルが公開された。

攻殻機動隊シリーズ初のフル3DCG作品「攻殻機動隊 SAC_2045」は、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXシリーズ神山健治、「アップルシード」「アップルシード アルファ」の荒牧伸志が監督を務め、アニメーション制作は「攻殻機動隊」全作に携わってきたProduction I.GSOLA DIGITAL ARTSと共同で行う。共同制作スタイルは「攻殻」シリーズ初となり、NetflixアニメULTRAMAN」と同じ布陣となる。

ティザービジュアルは、草薙素子タチコマを収録。ティザーPVは、タチコマとともに登場した素子が周囲を見まわしながら一言つぶやく姿を収めており、司会が「(映像内の素子の声は)どう聞いても、田中敦子さんですが……?」と指摘すると、Netflixコンテンツ部門クリエイティブプロデューサーの櫻井大樹氏は「そうですね。これは(田中)敦子さんですね」と同キャラクターキャストは過去作から続投していることを明かした。

さらに、「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」を手がけた入江泰浩が監督、「カウボーイビバップ」の川元利浩キャラクターデザインを務めるオリジナルアニメシリーズ「エデン」(全4エピソード)が20年秋に独占配信されることが発表され、ティザー映像ティザービジュアルが公開された。ティザービジュアルは2体のロボットと手をつなぐ少女の姿が配され、ティザーPV(https://www.youtube.com/watch?v=8OmquDoEkPs)は物語の舞台となる所有者を失ったロボットたちが住む街“エデン3”の一部を垣間見ることができる。

このほか、Netflixオリジナル実写ドラマオルタード・カーボン」のスピンオフ作品となるアニメオルタード・カーボン:リスリーブド」、橋本花鳥氏のSF漫画が原作の「虫籠のカガステル」の新場面写真も公開。またスペシャルトークコーナーには、「斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編」主演の神谷浩史、「Levius」で主演で務める島崎信長が登壇し(https://anime.eiga.com/news/109731/)、2作品の本予告や新ビジュアルも公開された。

「攻殻機動隊 SAC_2045」は2020年春にNetflix独占配信