東京スカパラダイスオーケストラデビュー30周年を記念オリジナルアルバム『ツギハギカラフル』(11月20日発売)の最新ビジュアルタイトル、収録内容が公開された。

アーティスト写真とジャケット写真の撮影は、アートや広告・ファッションなど様々なジャンルで世界的に活躍する写真家、レスリー・キーが担当。レスリーらしいファッショナブルなライティングの中、コミカルポーズを取るスカパラメンバーが印象的な作品になっている。

アルバムタイトルの『ツギハギカラフル』は、9月末に公開された映画『任俠学園』でスカパラが担当した主題歌と同タイトルであるが、命名した谷中敦(Baritone sax)は次のようにコメント。「ずっと住んでる東京の街を見ると、古いビルや新しく大きなビルとか渾然一体で、ちぐはぐにぐちゃぐちゃだけど、それぞれのビルや建物はきっと元々それぞれ誰かの夢なんだろうと思った。破れた夢もあるし、新たな夢もある、悲しそうな夢もあるけど、幸せそうな夢もある。東京はそんなツギハギな街だけど、これからみんなで作る未来もきっとツギハギでカラフルなのが楽しいのさ!と思ってつけたタイトルです。スカパラも30周年。関わってくれた様々な方々の夢も、自分たちメンバー9人の夢も『ツギハギカラフル』で輝かせていきたいと思っています」。

アルバムは“歌モノ盤”と“インスト盤”の2枚組で発売されるが、Disc-1の“歌モノ盤”には日本を代表するボーカリストを客演として迎えてシングルリリースされた「ちえのわ feat.峯田和伸」、「明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次」、「リボン feat.桜井和寿」の3曲の他、新曲としてキヨサク(MONGOL800)とTAKUMA(10-FEET)というスカパラにとって大切な盟友である二人がゲストボーカルとして参加した「Jamaica Ska」(オリジナル1964年にByron Lee & The Dragonairesによって発表)、ブラジルを代表するヒップホップアーティストのエミシーダを通じて親交を深め、自らのサウンドを「コロンビアン・スウィング」と称するコロンビア出身の8人組バンド、ムッシュ・ペリネとコラボレーションした「ザ・ターミナル -Monsieur Periné Remix-」も収録される。

スカパラデビュー30周年イヤーの締めくくりとして、2020年3月20日(金/祝)に『30th Anniversary 2020「TOKYO SKA 30 完結編 ~ツギハギカラフル~」』と題したワンマンライブを東京・国立代々木競技場第一体育館で開催することが決定している。

東京スカパラダイスオーケストラ