高橋一生主演の映画『ロマンスドール』の主題歌never young beachが担当することが明らかになった。

 一目で恋に落ちて結婚した妻との日々を描き、”ラブドール職人”という型破りな設定とセンセーショナルな展開に多くの話題と共感を呼んだ、タナダユキの小説「ロマンスドール」。男女が強く惹かれ合い、そして時間とともに変わっていく感情と関係を繊細に描いた物語は、2008年に雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載されるやいなや、多くの話題と共感を呼んだ。発表から10年、原作者自らがメガホンを取り、純愛と性愛が交差する、新たな映画作品が誕生。2020年1月24日(金)に全国公開となる。

 主演を務めるのは、映画『引っ越し大名!』やTBSドラマ「凪のお暇」での好演も記憶に新しい、高橋一生。妻への愛情をうまく伝えることのできない不器用さと複雑さを併せ持つ主人公・北村哲雄を魅力的に演じる。妻の園子には、『彼女がその名を知らない鳥たち』(17)で第41回日本アカデミー賞に輝き、映画作品ではタナダ監督と『百万円と苦虫女』(08)以来11年ぶりのタッグ、また、高橋とは『リリィシュシュのすべて』(01)以来18年ぶりの共演となる女優、蒼井優。良き妻でありながら、胸の中の秘密を打ち明けられない園子の姿を繊細に演じている。さらに二人をとりまく共演陣に、浜野謙太、三浦透子、大倉孝二、渡辺えり、きたろうら個性豊かな実力派俳優陣が集結した。

 この度、本作の主題歌never young beachが書き下ろししたことが明らかに。「never young beach を知ったのは3年近く前のこと。いつか何かの映画で主題歌をお願いしたいなとずっと思っていて、ようやくそれが叶いました」と念願のオファーだったことを明かすタナダ監督。今回の起用についてnever young beachは「愛するということは許すということなのかな。そんなことを思い作りました。」と語り、主演の高橋も主題歌を聞いたときの感想として、「兄だけど。好きです」とコメントを寄せた。タナダ監督は楽曲についても、「その詞や曲、歌声が、主人公の哲雄の哀しみや後悔をもやさしく肯定してくれているようで、深くあたたかく胸に響き、感極まりました」と大絶賛。さらにnever young beachは本作の主題歌に加え劇中歌も手掛けており、心地よくも登場人物の心情に寄りそったサウンドで、『ロマンスドール』の唯一無二な世界を彩っている。never young beachが手掛ける主題歌と劇中歌の入った映画『ロマンスドール』に注目だ。


never young beach:コメント全文
自分たちのつくった曲が映画館で流れるという経験がないのでワクワクしました。映画の本編が終わり、エンドロールを観ながらエンディングの曲を聴いている時間が実は一番脳みそから何か出ている気がするんです。見終わってジュワーといろいろ実感するというか。あの時間に自分たちが関われるなんて。そんな気持ちがあったので主題歌のオファーを頂いた時は単純に嬉しかったです。
映画から受けた印象は、余白があって、凄く素朴。だからこそ役者さん、音、映像、様々な個性を感じられました。
人間、誰かを愛しても様々なすれ違いがあると思います。ベストな状況は少しの間。日々の中、互いに変わっていき、ぶつかる。それでいいと思うんです。正しさだけが人を救うわけじゃない。疲れちゃう。どんな状況になっても受け入れ、楽しみ、互いの違いを理解出来たら。
愛するということは許すということなのかな。そんなことを思い作りました。

高橋一生コメント全文
主題歌never young beachさんが手がけるとお聞きになった際のお気持ち)
えー!

主題歌を聞いたときの感想)
兄だけど。好きです。

タナダユキ監督:コメント全文
never young beach を知ったのは3年近く前のこと。彼らの作る曲には新しさと同時に、どこかノスタルジーがありました。とっつきやすいのに、一筋縄ではいかない豊かさ。ひねくれてなんかいないのに、でもやっぱりちょっとひねくれているような可愛げ。いつか何かの映画で主題歌をお願いしたいなとずっと思っていて、ようやくそれが叶いました。
初めて完成した主題歌を聴いた時、その詞や曲、歌声が、主人公の哲雄の哀しみや後悔をもやさしく肯定してくれているようで、深くあたたかく胸に響き、感極まりました。最後の一音が終わるまでが、映画「ロマンスドール」の世界です。この曲が沢山の人に届きますように。


(c)2019「ロマンスドール製作委員会
高橋一生、主演映画の主題歌をnever young beachが書き下ろしで「兄だけど。好きです。」