「人と保険の未来をつなぐ ~Fintech Innovation~」をかかげ、保険販売事業、ソリューション事業、システム事業を手掛ける株式会社アイリックコーポレーション(本社:東京都文京区 代表取締役:勝本竜二、証券コード:7325、以下「当社」)は、非定型AI-OCRソリューション「スマートOCR健康診断書」を2020年春の提供開始に向けて、当社の100子会社である株式会社インフォディオ(本社:東京都文京区 代表取締役:勝本伸弘)が開発に着手いたしました。
一般的に、健康診断書は医療機関によって様々なフォーマットであるため、定型フォームの読み取りOCRでは、データ読み取りが非常に困難でした。AI(人工知能ディープラーニング技術を用いた「スマートOCR健康診断書」であれば、様々なフォーマットでも、またゆがんだ文字なども読み取りできるため、スマートフォンで撮影した画像も、読み取り・データ化が可能です。導入企業様の形態・ご要望に合わせて、プライベートクラウド版、オンプレミス版を提供予定です。

健康診断書の文字読み取りと変換イメージ
【AI(人工知能ディープラーニングを用いた「スマートOCR」の特長】
・帳票の位置定義が不要で、フォーマットが定まっていない非定型文の読み取りが可能。
スマートフォン等で撮影された画像も、台形・歪み・たわみを自動補正し、文字認識が可能。
・網掛け文字・反転文字・塗りつぶし文字等のノイズごと文字読み取りが可能。
詳しくはこちらhttps://www.smartocr.jp/

【貢献分野について】
ヘルスケア事業展開企業様、保険会社様、健康組合様など。
既存システムとの連携やRPA連携、アプリとの連携などカスタマイズ開発も可能です。

【今後の展開】
すでにリリース済みの「スマートOCR請求書」「スマートOCR非定型手書き」など、今後もビジネスAIにて、さまざまな分野での新たなお客様体験の創造および業務効率化を実現する新しいサービス提供を続けていくことで、お客様の企業価値向上に貢献をしてまいります。
「スマートOCR請求書」についてhttps://www.smartocr.jp/solution/bills/
「スマートOCR非定型手書き」についてhttps://www.smartocr.jp/solution/tegaki/

【用語解説】
・OCR(Optical Character Recognition)
光学式文字読み取り装置。印刷物などの文字を、光を当てることで読み取り、テキストデータに変換する仕組み。
・プライべートクラウド
自社専用で構築・運用されるクラウド環境のこと。
・オンプレミス
自社の中で情報システムを保有し、自社内の設備によって運用すること。
・RPA(Robotic Process Automation)
これまで人間が手作業で行ってきた仕事を、機械やソフトウェアなどに代行してもらうことにより、業務の大部分における自動化や効率化を図る取り組み。

株式会社アイリックコーポレーションhttps://www.irrc.co.jp/
(東京証券取引所 マザーズ市場:証券コード 7325)
本社所在地:東京都文京区本郷二丁目27番20号 本郷センタービル4階
設立   :1995年7月
代表者  :代表取締役社長 勝本竜二
資本金  :13億1,915万円
事業内容 :個人及び法人向けの保険販売を行っている保険販売事業
保険代理店やその他の保険販売会社に対して保険に関するソリューションを提供するソリューション事業
システム開発等を行っているシステム事業
サービスサイト:インシュアテックソリューション https://hs.irrc.co.jp/
日本初*の保険ショップ『保険クリニック』 https://www.hoken-clinic.com/
インフォディオ https://www.infordio.co.jp/
*「日本初の来店型乗合保険ショップチェーン※」
※店舗数11店舗以上または年商10億円以上をチェーン店と定義
東京商工リサーチ調べ(2018年6月)

株式会社インフォディオhttps://www.infordio.co.jp/
本社所在地:東京都文京区本郷二丁目27番20号 本郷センタービル5階
設立:2002年7月
代表者:代表取締役 勝本伸弘
事業内容:ソフトウェア受託開発およびソフトウェア製品開発(金融機関、独立行政法人、通信会社等)
AIコンサルティング・AIソリューション開発
スマートフォンiOSAndroidアプリ開発・アプリサービス
Flex to HTML5移植開発サービス
HTML5等のフロントシステムの開発
Java/JavaScriptを利用したWebアプリケーションの開発

配信元企業:株式会社アイリックコーポレーション

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ